95%の確率で見れるオーロラにはそれなりの理由があった

95%の確率で見れるオーロラにはそれなりの理由があった

「オーロラは三日間挑戦すれば95%の確率で見れる」
そんな情報を鵜呑みにして三日間のオーロラツアーに申し込んだ。
5%の方に振り分けられない事を願うばかりだ。

 

オーロラツアー初日

夜になるとホテルまで車が迎えに来た。
そして30分ほど走るとコテージがあり、そこに20人くらいが集まっていた。

参加者の比率は7割日本人、3割中国人。
ツアーガイドは日本語、中国語、英語で説明。

ホットチョコレートや紅茶、コーヒー等の暖かい飲み物が用意されており、
しばらくするとパンやスープも出てきた。

オーロラは出るとしても一晩のうち数分から数十分なので、
外で星空を眺めながら待ったり、中で暖をとったりと参加者は自由に行動している。

 

イエローナイフの雪景色

 

雪の上にデスマスク
雪が積もらない地域出身だから大量の雪にテンションが上がり、
自由時間で写真を撮ったり、デスマスク作って遊んでいた。

しかしそんな事も1時間あれば満足だ。
いくら暖かい服を着ているとはいえ段々と身体が冷えてくる。
中に入り濃いめのホットチョコレートで暖をとる。

この日は3時間ほど待っていたが、最後までオーロラを見る事が出来なかった。

ガイド
明日は今日より寒いんで大丈夫です。寒ければ寒いほどオーロラ出現率は上がりますから。

ガイドに励まされホテルに戻る。

 

オーロラツアー二日目

曇り予報だったが幸いにも雲は少なく、上空は風の流れが速い。
温度も-11度とこの時期にしては冷え込んでいる。

ガイド
オーロラの出現条件は整っています。

ガイドが自信満々に言ったものの、なかなかオーロラは現れない。

ガイド
雲が無さそうな所へ行きましょう。

20分ほど車を走らせ別のバンガローに移動する。

空を見上げてみると、雲が一切なく辺り一面星が輝いている。
これならオーロラを観る事が出来るかもしれないと、期待が高まる。

するとガイドが声をあげた。

ガイド
あっち見てください!

その場にいた全員が指示した方角を見る。

 

そこには、オーロラの姿がはっきり見えた!!

 

オーロラのレベル

ところでオーロラにレベルがあるのはご存知だろうか?
私もツアーに参加するまで知らなかったが、オーロラは5段階のレベルに分けられている。

動画や写真で見るオーロラはレベル4とか5が多く、
そのレベルのオーロラは滅多に見れないらしい。

分かりやすく、レベル毎に解説していきます。

 

【レベル5】
激しい動きで空一面に広がるオーロラで別名「オーロラ爆発」と呼ばれている。


完璧。寒空の下で全裸待機可能レベル。
嘘、全裸待機は無理。

 

【レベル4】
動き、色、形、どれもはっきりしていて鮮明に見えるオーロラ。


満足。ご飯三杯は軽くいけるレベル。
ご飯ですよがあれば更に良い。

 

【レベル3】
誰が見てもオーロラと判るレベルで、若干動いて見える程度。

オーロラレベル3
十分。人に「オーロラ良かったよー」と言えるレベル。
にわかオーロラーになれる。

 

【レベル2】
動きも弱く明るさも不足している状態だが、オーロラと確認できる。

オーロラレベル2
目を凝らすと見えてくる。腑に落ちないけど大人だから飲み込むレベル。
オーロラはみんなの心の中に存在するものだから。

 

【レベル1】
とても暗いオーロラで肉眼で見える人と見えない人がいる。


オカルト。幽霊の類レベル。

霊能者
アナタの背後にオーロラが見えます。

 

 

 

 

BAN
見えるには見えるけど・・・

 

 

 

 

 

 

オーロラレベル2

BAN
あ、あれがオーロラかぁ………

 

オーロラツアー三日目

初日に犬ぞりツアー、二日目に街歩きをしたので、
三日目の昼間はゆっくりとホテルで休んでいた。

初日は全くオーロラが見えず、
二日目はオーロラというよりも動きが変な雲だった。

しかし、くじ運は昔から良い方だ。
お菓子の当たりを5回連続で引き当てて、
駄菓子屋のおばちゃんから不正を疑われるほどくじ運は良い。

 

 

イエローナイフのホワイトブレス
星すら見えず、自分の息を撮って遊ぶ。

 

 

確かにオーロラを見る事は出来た。
3日間で95%の告知に嘘偽りは無い。
私も無事に95%側の人間になれた。

 

 

 

 

 

BAN
ちくせう。

 

次回、初めて使ったクレジットカードが速攻で再起不能になってしまう。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で