世界一周準備 クレジットカード編

世界一周準備 クレジットカード編

BAN(@banlife19)です。

世界一周で必ず必要なのがクレジットカードです。

海外キャッシュサービスを使えばすぐに現地の通貨が手に入ります。

また旅の途中で盗難・紛失・破損したり、ATMに飲み込まれて出てこないなんてパターンもあるので、複数枚準備するのがオススメです。

クレジットカード 2014年12月

元々が現金派だったのでカードなんて全くわからない。

だが海外ではクレジットカードを使うのが主流だと知り、退職前に急いでカードを7枚作った。

世界一周にはこの中から厳選して4枚ほど持っていく予定だ。

楽天カード(Mastercard)

楽天カードはゴールドの場合、無料でプライオリティ・パスが作れる。

プライオリティ・パスとは空港のVIPラウンジが自由に使えるサービスだ。

しかし、そんなに飛行機乗るか分からなかったので通常の楽天カードにした。

楽天カードで注意しないといけないのがキャッシングリボの上限変更。

最初は3万円に設定されているのでこれの引き上げが必要。

その設定をしないと3万円以上使った場合、リボ払いになってしまい完済までの利息がかかる。

初期設定のまま10万円キャッシングした場合、年利18%で4ヶ月とすると実際104,580円返さなければならなくなる。

知らないうちに、4,580円も多く支払う必要が出てくるのだ。

非常に怖い。

キャッシングの返済額を最大借入額と同額にしておくとそのロスも最小限に抑える事ができる。

変更方法は楽天カードのナビダイアルに電話をして、自動音声に従って数字を入力していく。

しかし実は裏技があり、ナビダイヤルにかけた後#0を押すと直接オペレーターに繋がる。

音声ガイダンスではアナウンスされていない内容なのですぐ電話繋がる。

年会費:無料

CASH passport(Mastercard)

プリペイド式のカードで入金した額を使えるカード。

このカードの利点が元々2枚送られてくる事だ。

1枚目を紛失しても連絡するとそのカードが使用不可となり、2枚目のカードが使えるようになる。

また、1親等(両親、子供、妻)であれば入金する事が出来るので日本からの送金も可能。

ただし手数料が少し高く、入金の際に1%、出金の際に4%かかる。

数万だけ入れて持って行って、いざって場面で使うカードにしようかなと思っている。

審査が無いので誰でも簡単に作れる。

年会費:無料

Victoria Card(Mastercard)

L-Breath(登山用品店)で買い物した時、10%オフになると言われて登録した。

季節毎に10%オフのハガキが届いたり、ポイントも優遇されるので準備用品を購入している間は持っていると良いかもしれない。

多分旅に出る前に解約するだろう。

年会費:1,250円(無料ネット会員登録で年会費無料)

Cedyna Card(VISA)Jiyu!da!

良く分からないが、世界一周に行く人が「良い」と言ってたので作った。

基本的な支払いは全てリボだがリボの金額が設定出来るのと、ネットで手続きすれば繰り上げ返済が出来るらしい。

ちょっと手間がかかるけど、こまめ&ネット環境が整っている場所ならいいカードだと思う。

年会費:無料

三井住友カード(VISA)

これも定番中の定番のカードだ。

通常のクレジットカードは利用付帯といって、そのカードで航空券や移動費の支払いをしなければ海外保険が適用されない。

しかしこのカードは自動付帯といって、持っているだけで3ヶ月間は海外保険が適用される。

しかしそれ以外は特に特徴が無い。

解約手続きが簡単なら語学留学終わったタイミングで解約の可能性大。

年会費:1,250円(年間使用金額、リボ契約で年会費無料)

arecore card(VISA)

旅人の間で最強と言われるカード。

しかし一般的には福岡県出身or在住でなければ手に入らないカード。

人脈や情報、戦略、演技力を駆使して手に入れた。

最強のカードと言われる理由は海外キャッシングの手数料が108円のみだからだ。

先ほどの楽天カードと比べると10万キャッシングした時の手数料の差が約1,400円も違う。

もし仮に100回キャッシングしたとすると、1,400円×100回=14万円違ってくる。

海外でキャッシングするのであれば基本アレコレカード。

年会費:1,350円(年間使用金額、携帯orガスor電気のクレカ決済で年会費無料)

Japan Net Bank(VISA)

唯一のデビットカード。LCCではデビットカードの方が手数料を優遇される事があるらしい。

良く分かってないがデビットカードはいいらしい。良く分かってない。

年会費:無料

持っていくクレジットカード 2015年10月

7枚作った中で持って行くカードは3枚にした。

多ければ多いほど安心感はあるが正直7枚ものカードを管理する気力も能力も無い。

持っていくカード以外は全て解約した。

楽天カード(Master)

旅の期間が2,3年なのでそんなに飛行機を使わないと思い通常のカードにした。

ポイント還元率が1%と自分が保有しているカードの中では一番高いので、クレジットカードでの支払いは基本このカードを使う予定だ。

ただしリクルートカードが年会費無料で還元率1.2%なのでリクルートカードに乗り換えるかもしれない。

ちなみにリクルートプラスと言う年会費2,000円(税別)のカードなら還元率2%。しかしJCBしかない。

アレコレカード(Visa)

海外旅行者の間で最強と言われている福岡銀行のアレコレカード。

海外引き落とし手数料が安い。

前回の留学の時に複数回使ったがネットバンクの設定をしていなくて手数料が安かったかどうかは確認出来ていない。

しかしきっと安い。

現地通貨引き出しはこのカードでする予定だ。

どうかATMに呑まれません様に。

三井住友カード(Visa)

通常のカードでは珍しく海外旅行保険の自動付帯がついているカード。

ただし年会費が1,250円(税別)かかる。

留学中の保険代わりに使った。

留学後に解約する予定だったが気付いたらカードがかなり少なくなったのでこのまま持っているつもりだ。

ずっとカードに興味なかったが知れば知る程カードは奥深い。

今まで現金派だった事を少し悔いている。

まとめ

結局リクルートカード作らず上記3枚のカードで旅をしています。

ただ1ヶ国目の序盤で楽天カードのパスワードを数回間違えてしまい、結局アレコレカードと三井住友カードの2枚で旅する羽目になりました。

たまにATMとカードの相性が良くなくアレコレカードが使えない場合もあるので2枚あって本当に助かっています。

個人的な感想ですが、カードは5枚くらいあった方がいいと思います。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で