世界一周準備 スクーバダイビング(スキューバダイビング)編

世界一周準備 スクーバダイビング(スキューバダイビング)編

BAN(@banlife19)です。

世界一周するならついでに世界の海の中も見てみたい。

そんな単純な理由でスクーバダイビングのライセンスを取得しました。

元々アクティブではなかったので、ダイビングライセンスを取得するまでは沖縄で体験ダイビング1回だけでした。

スクーバダイビング(スキューバダイビング)ライセンス検討 2014年10月

世界一周中にスクーバダイビングしたいからライセンスを検討。

ただ取得方法やライセンスの種類が分からないのでダイビングショップに電話をかける。

・ダイビングライセンスはCカード(能認定カード)さえあれば多分世界のどこでも潜れる、逆にCカードが無いと潜れない国もある。
・Cカードにはランク(スクーバ、オープンウォーター、アドバンス)があり潜れる深さや潜れる条件が違う。団体によってその深さや条件も変わってくる。
・ダイビングは複数の団体があり一番人口が多いのがPADI(パディ)で、他のメジャーな団体としてはNAUI、SSIなどがある。
・特定の団体でしか潜れないという場所はない。
・最初はスクーバかオープンウォーターからしか取得出来ず、アドバンスを取得したい場合はオープンウォーターのライセンスが必要。飛び級は出来ない。
・メジャー団体でオープンウォーターを取得していれば、他の団体でアドバンスの講習から受ける事が出来る。つまりSSIのオープンウォーターを持っていれば、PADIのアドバンスライセンス試験を受ける事が可能。
・スクールによってはオープンからではなくスクーバから免許を取らせようとする所や、ライセンス取得料金以外に別途手数料が必要だったり、別名称のランクがあったりする。

全く知らない状況からだとかなり複雑だったので、説明会に行く事にした。

【J.D.A(JDA)】
電話で話した感じかなり怪しく、強引に説明会に来させようとしていた。

ネットの情報に安い理由が【継続応援プライスであること】と書いてあり、ライセンス取得にあわせて何かダイビングツアーのプランを勧めてきそうだった。

電話で「継続利用して頂く方の為のコースです」と強く言っていた。

費用:10,800円
備考:別途必要なのは宿泊代との事(海洋実習は2日かかる為)。
取得可能ライセンス:SSI オープンウォーター

ライセンス説明会 2014年10月

オープンウォーターのライセンス取得金額の相場が5万前後なので怪しいと思ったら想像の斜め上を行く酷さだった。

15分程のダイビングDVDを鑑賞し、取得までの流れを説明される。

自宅学習後、筆記テストとプール実習、海洋実習。

そして料金の説明。

ネットに書かれている10,800円は現地集合の価格なので送迎の場合は18,000円(税抜き)になるとの事。

更になぜか安さ理由を説明し始めた。

理由1、講習日程はショップが指定の日にしか開催していない。
(多分これは嘘の理由。客が納得しやすい様に分かりやすい理由付け)

理由2、継続応援プランだから。
(これが本当の理由。ライセンス取得に合わせていくつかのプランを勧めるつもりか)

理由3、なぜ継続応援する必要があるかと言ったらダイビングは命がかかってるから安全のため。
(これは2つめの理由を正当化しただけ、この店にしたら安全よりもお金の方が大事なのがバレバレ)

2と3の理由からライセンス取得後、半年間分のダイビングプランを考えて欲しいと言われる。

そして再度ライセンス取得までの流れを説明される。

自宅講習 → 学科講習 → 器材選び → プール実習 → 海洋実習 → ライセンス取得。

 

BAN
あれ?さっきの説明と少し違うぞ。

 

ライセンス取得前に「器材選び」をする事について質問する。

 

悪質ショップ店員
ダイビングは命に関わる物だから!自分の器材の方が合格率が上がる!!

 

胡散臭さがプンプンしてきた。

その後もウザい営業をかけられる。

 

悪質ショップ店員
レンタル器材でライセンス取得は可能だけど、絶対に器材を買った方がいい!

 

初心者をカモにした営業にしか思えない。

私が逆の立場なら「まずは何度かやってみて気に入ったら自分の器材を買えば良いよ」と勧める。

やはり格安ライセンス取得の裏にはこんな理由があった。

ウザい営業過ぎて引いているとおばちゃん逆切れをする。

 

悪質ショップ店員
ライセンスだけ欲しい人には受けて欲しくない!この値段じゃ儲け出ないけど、応援でやってる事だから!

 

命だなんだと大層な事言う割りには目先の金しか考えず、営業トークもヘタクソでこっちの気持ちを全く汲んでいない。

更には釣り広告で説明会に来させる事に対しても罪悪感が無いらしい。

説明会に行くだけ無駄だった。

ライセンス検討 2015年11月

始めてのスキューバダイビングは沖縄だった。

沖縄の海で群がる魚達が凄くて東京戻ったらライセンスを取ろうと思った。

だが東京に戻ったら仕事ばかりの毎日で、スキューバの事なんて忘れてしまっていた。

世界一周を決めた事がきっかけで思い出しライセンスについて調べるも悪徳ダイビングショップの説明会でテンションが下がり、レーシック手術後3ヶ月はダイビングしない方が良いと言われ再度ライセンス取得を諦める。

3度目の正直で伊豆のダイビングショップへ申し込む。

本来ライセンスは段階的に取得する必要があるが、伊豆のショップは電話で確認すると5日間の通しでアドバンスまで一気に取れるそうだ。

海近くのダイビングショップ「稲取マリンスポーツセンター」

料金は宿泊費、器材込み込みで11万。

他の所は15万~20万程度だったのでかなり安めだ。

ライセンス試験 2015年11月

伊豆のダイビングショップで目の前に海が広がっている。

伊豆の海はヒラメとかクロダイとかウツボとかフグっぽいのとか青くて小さくてキラキラした魚とか見れるが透明度は低い。

ダイビングは楽しいが体力の消耗が激しい。

冬の海は冷たいのでドライスーツと言うダイビングスーツで潜っている。

ドライスーツなら服を着たまま潜れるから暖かい。

ただ変な泳ぎ方をするとドライスーツの中に水が入ってしまい終わった後に服がびしょ濡れになる。

現在2日目だが予定よりも試験の進行ペースが早い。

理由はマンツーマンだからだ。

本来ライセンス取得は何人かのグループで受けるものらしいがシーズンオフなので他の生徒がいない。

ちなみに宿泊しているペンションも本来4人部屋だが1人で使っている。

正確に言うと4人部屋が4部屋あるのに宿泊者は私だけでペンション貸切状態だ。

このペンション温泉が出るが大浴場が無い。

お湯は温泉だけど普通のバスタブ。

その事をフィリピン人の彼女に伝えたら「何言ってるかわからない」と言われ、1時間かけてお湯を意味する温泉と場所を意味する温泉があり、大浴場と呼ばれる場所には温泉と銭湯があり、今回はお湯を意味する温泉は出るけど、場所を意味する温泉が無い事を説明する。

日本語は難しい。

先日誕生日だったが彼女から「あなたは私が出会った中で最高な男で、一番頭がいい人だよ。私の願いはあなたの夢が全部叶う事」ってメッセージが来た。

ちなみに締めの言葉は「YOU ARE SO SPECIAL FUCKING JAP」

ライセンス取得 2015年11月

本来5日間で取得する予定のダイビングライセンスだったが、マンツーマンのお陰で4日間で取得する事が出来た。

自分のペースでやらせてもらったので簡単なところはざっくり終わらせ、不得意なところは時間をかけて何度も挑戦できた。

これで世界の海に潜れる。

ライセンス取得後は東京へ移動。

東京に着いて真っ先に二郎に向かう。

野菜マシマシニンニクアブラ。

東京には1週間程滞在する予定だがきっと引きこもるだろう。

まとめ

最初に悪質なショップに当たりダイビングライセンスを諦めかけたが、その後は良心的なショップを探し当て無事に取得できました。

今の所、メキシコでしかライセンスを使っていませんが、今後ダイビングが出来る場所があれば積極的に挑戦したいと思っています。

いつかカリブ海の透き通るほど青い海でダイビングをしたいです。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で