コロンビアの首都ボゴタで美術館巡り

コロンビアの首都ボゴタで美術館巡り

ククタからボゴタまでの道のりは激しいものだった。

悪路なのか一番後ろの座席だからなのか半端ない揺れ。

安いジェットコースターよりも揺れが激しい。

そして予定通り15時間ほどでボゴタに到着。

特に目的もないがホテルも決まっていないから、中心街に行ってホテル探しをする。

前回(1人だった時)はタクシー使ってお目当ての宿まで行ったけど、今回は2人。

彼女はネイティブでスペイン語を喋れる。

無敵。

私のブラック企業で鍛えた強靭なハートと彼女の流暢なスペイン語。

この2つがあればどんな困難でも対応出来る。

バスターミナルからバスでセントロ付近に行き【HOTEL】という看板が出ている場所に行っては値段を確認して部屋を見せてもらう。

何件か聞いて平均6万ペソ(約2,400円)くらいがボゴタの宿泊費だということがわかった。

しかしGUN CLUBという歴史のありそうなホテルが44,000ペソ(約1,800円)と最安だったのでそこに決める。

ボゴタでは美術館を見てまわった。

 

ボテロ美術館入り口
まずは無難にボテロ美術館から。

入り口にある巨大な手が印象的だ。

銀行が運営しているらしく入場料無料。

コロンビアのメデジン出身であるボテロというアーティストの作品が数多く展示されている。

 

ボテロのモナリザの真似
ボテロ作のモナリザの真似をしているらしい。

似せる気がないのか、もしくは似せる才能がないのか。

 

ボゴタ中心地のプロジェクションマッピング
夜になると中央広場でプロジェクションマッピングをやっていた。

そして中心街を歩いていると珍しいアトラクションを見ることができた。

 

人力観覧車
人力観覧車。

 

BAN
その高さで満足しているのか子供よ

 

怪しげなゲーム
他にも怪しげなゲームもあり、リング投げて棒に引っ掛けたらお金もらえるギャンブルも開催されていた。

私も何回か挑戦したが無理ゲーだった。

 

翌日は黄金美術館に行く。

入場料は破格の3,000ペソ(約120円)。

缶ジュース一本分だ。

昔々コロンビアでは金が大量に採掘できたとかで所狭しと色々な金細工が飾られている。

 

黄金博物館小物
黄金の小物たち。

黄金ジェット
オーパーツで有名な黄金ジェットみたいなやつ。

黄金の冠
黄金の冠。

黄金の象っぽい
象?

黄金の船
何だろう。

黄金の仮面
仮面。

美術館巡りはまだまだ続く。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で