コロンビアとベネズエラの国境閉鎖

コロンビアとベネズエラの国境閉鎖

本当はベネズエラ人の彼女がコロンビアのお芝居を見に来る予定だった。

最後の公演が12月17日と18日、彼女の大学の授業が終わるのが16日。

ベネズエラのメリダからコロンビアのククタまでは乗り継ぎ時間等も含めバスで24時間程度の道のりだ。
彼女は16日の授業はサボるからきっと17日の舞台を見に行けると言っていた。

しかし彼女は来なかった。

国境が封鎖されていたからだ。

コロンビアとベネズエラの国境は度々封鎖される、ただここ数ヶ月は安定しており常に国境は開きっぱなしだった。

だが12月初旬にベネズエラで新紙幣が発行された。

そして旧紙幣最高額100ボリバルが72時間以内に使えなくするという。

これによりベネズエラ大混乱、多くの人がコロンビアへ逃げたからなのかククタの国境が封鎖された。

更に最悪な事に旧紙幣の最高額を使用不可にしたのに新紙幣が一向に出回らない。

2週間経っても誰も新紙幣を見た人がいない。

100以下の紙幣を多くの人が求めた為銀行も対応出来ず、多くの人が現金を持っていない状態が続いた。

結局そんな状態で、デモが多発したこともありベネズエラ政府も100ボリバルを2月20日まで使用出来る様に対応。

ただ国境は閉じたまま。

国境を通る条件が【外国人(ベネズエラ人以外)】か【コロンビアの空港から海外へ行く航空券】を持っているかの条件だと聞かされる。

私が彼女名義の航空券を買いそれをデータで送りプリントアウトして見せる作戦を思いつくが、彼女から「無駄にお金を使うことない」とストップが入り私が直接ククタに行って国境のイミグレーションで話をしてくるという事になる。

ベネズエラ人でもククタまでなら自由に出入りできる可能性があるので、最悪ククタでクリスマスと年越しをするのも良いだろう。

こうして次の日の朝のバスで彼女はククタに向かった。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で