速攻でブロークンしてホアキナさんに怒られるがハバナの街を観光

速攻でブロークンしてホアキナさんに怒られるがハバナの街を観光

ネット依存症ではない。BAN(@banlife19)です。

ネット依存症の人はキューバに行くといいかもしれない。

なぜならキューバではネットが基本使えないからだ。

ゲームやり過ぎて親にゲーム機本体を隠される感じ。

引きこもってネットばかりやってる子供の親御さん、
子供をキューバに送りましょう。

 

まさかのブロークン

こんなはずじゃなかったのに。

予想外のことが起きると、
人はこう考えてしまうのだろう。

冷静に受け止めきれることができない。

額から汗がしたたり落ちる。

そうしてこう思った。

こんなはずじゃなかったのにと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍵ブロークン
鍵真っ二つ。

噛み合わせが悪く、
入り口が開かなかったので何度か試してたら千切れた。

ガキン!!

という感じの折れ方ではなく、

グニョン。

という感じで折れた。

ひょっとしたら私の握力が強過ぎたのだろうか。

いやいやいや、私の握力は右手50kg、左手30kgだ。

右手凡人、左手女子しかない。

 

ホアキナさん激怒

ベランダの人に声をかけ別の鍵を落としてもらう。

階段を登り、ホアキナさんに報告しようと鍵を見せるとこう言われる。

 

ホアキナ
Are you crazy?(あんた頭おかしいの?)、なんで鍵を引きちぎってるのよ!?

 

すごい剣幕だ。

確かに宿泊客が速攻で鍵を折ったら怒りたくなる気持ちもわかる。

でも金属疲労だろこれ?

鍵は普通に使用したが千切れたと
冷静に状況を説明すると怒りのボルテージが急降下した。

 

ホアキナ
あぁ、それは悪かった。私のミスだ。きっとこの鍵はあまり良い鍵ではなかったんだろうね。

 

この感情の振れ幅はなんだろう。

更年期か?

 

ハバナの街の雰囲気

宿で一息ついてからハバナの街を探索した。

有名な大きな通りを散策すると人、人、人の群れ。

そして店の人以外はほぼ観光客。

今しか見れないキューバを見に来ているのだろうか。

 

ハバナの中心部は、
ほとんどの店がおみやげ屋か飲食店だ。

そして公園の近くには露店が立ち並ぶ。

行列が出来ていた店のチュロスを買う。

 

キューバのチュロス
リング状に揚げそれを適当に切り、
上からチョコソースやイチゴソース、練乳をかけていた。

2CUC(230円)とそれほど安くは無いが
行列が出来ていただけあって美味しい。

 

先に進んで行くとグラフィティがあり、
キューバの代表的な人物が描かれていた。

賛否両論あるかもしれないが、
私は彼の生き方と死に様が好きだ。

 

チャベス、ゲバラ、俺
チェ・ゲバラ。

横に描かれている人は誰だろう。

ゲバラと一緒にキューバを独立させた人だろうか。

 

予定もなくぶらりぶらりと

大通りを何本か通り過ぎ、
奥へ奥へと進んで行くと子供たちが道端で遊んでいる。

それを眺めていると「一緒にやらないか?」と誘ってくれた。

ルールが分からないので子供たちの真似をして
マンホールに向かってビー玉を投げる。

ビー玉はマンホールのくぼみに止まった。

すると子供たちがハイタッチをしてくる。

よく分からないがナイスプレーだったのだろう。

 

みゆき嬢後ろ姿
更に奥に進むと現地の人で賑わっているバーがあった。

観光客用のレストランではビールが1〜2cuc(約110円〜230円)だが、
そこは7cup(約30円)と3分の1以下の値段で飲める。

ビールを頼むと店員もお客さんもマジマジと観察してくる。

観光客が来るのが珍しかったのだろう。

客の中に英語を喋れる人がいてキューバの煙草をもらう。

しかしキューバの煙草はフィルターが薄く喉が少し痛い。

 

次回、夏祭りの気分を味わいながらヘミングウェイとジョン・レノンとチェ・ゲバラ。お楽しみに。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で