胡蝶の夢

胡蝶の夢

最近たまに生きているのか死んでるのか分からない時がある。

実際には今死んでいて今の生活は私が見ている夢では無いだろうかと真剣に考えてしまう。

特に上手くいってる時や自分の思い通りに未来が動いている時に強く感じる。

これは夢なのだから私の思い通りなるのは当たり前なのだと。

という事を思っていたら、彼女もそう思う事があるらしくこれはどうやら彼女の夢らしいという事になった。

彼女の夢の中の登場人物として私という人間がいて、この私が考えて行動していると思っているのは全て彼女の意思で、つまり今このブログを書いているのも全て彼女の夢の中のお話なのかもしれない。

更に話をしていくと、これは彼女の夢ですらない可能性が出てきた。

これは蝶が見ている夢なのかもしれない。

本当の私たちは今どこかの森の中静かに寝ている蝶で、全てが夢。

そう言えばそんな話どこかで聞いた事あるなと思い調べてみると【胡蝶の夢】という言葉が出てきた。

そして調べて見ると、私が思っていた話と違った。

夢の中で蝶となって優雅に舞っていて、起きた時に今の自分が本物なのかそれとも蝶が見ている夢なのか区別がつかなくなるという話なのだが、諸行無常的な事だと捉えていた。

常に変化をし続けるが故に答えなどは存在しないのだから、フワフワして生きていこう的な。

だが【胡蝶の夢】の本当の意味はほぼ真逆で「どっちが夢でどっちが現実かなんて良くわからないしどっちでもいいけど、現状を楽しめたらそれでよくね?」だった。

確かに。

今私がこうして生きているのが私の夢なのか、彼女の夢なのか、はたまた蝶の夢なのかなんてわからないけど、それでも私はこうやって考えて行動する事が出来るのだからどっちでもいいや。

今を私らしく生きる事にする。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で