初めて使ったクレジットカードが速攻で再起不能になってしまう

初めて使ったクレジットカードが速攻で再起不能になってしまう

イエローナイフからバンクーバーへと移動した。
日本出発時に予約しておいたのはここまでで先の予定はまだない。

 

預入荷物別料金の罠

イエローナイフからバンクーバーへの最安航空券の値段は約1万5千円だった。
しかしそのチケットには預入荷物が別料金とも記載されていた。

私は悩んだ。
預入荷物にお金を払った事がなく、どのくらいの重さでいくらになるのか不安だったからだ。

仕方がない。
最安値のチケットを辞めて、少し高めの2万5千円のチケットを予約した。
1万円も多く払えば預入荷物が別料金な訳がないと勝手に判断したのだ。

しかし高いチケットでも預入荷物は別料金だった。

 

BAN
ちくせう。

 

バンクーバーの宿泊先

日本出国時には予約していなかったのでイエローナイフのホテルから予約した。
ホテル予約サイトのエクスペディアを使い料金、立地、レビューを確認していく。

中でも特に安く、レビューの評価も高かった。
セイムサン・バンクーバー(Samesun Vancouver)というホステルを1週間予約した。

特にバンクーバーでの予定は決めていなかったが、それだけあれば次の目的地も決まるだろう。
一泊約2,500円で朝食付きと激安なので沈没するにはもってこいだ。

 

クレジットカード再起不能

ネットを駆使してバンクーバー空港からホステルまでたどり着いた。
駅から徒歩5分ほどの距離だが、荷物が重すぎて体力が無さすぎて20分近くかかってしまった。
言わずもがな汗だく。

このホステルはチェックイン時に会計をするスタイルだ。
慣れない手つきでサブバックの南京錠を外し、奥の方からクレジットカードを取り出す。

日本にいた頃は現金主義だったので初めてのカード利用だ。
カードリーダーに差し込み暗証番号を打ち込む。

 

BAN
・・・

 

決済出来ない。
おかしい、暗証番号は合っているはずだ。

一つずつ数字を確認しつつ再度暗証番号を打ち込む。

 

BAN
・・・・・・

 

やっぱり決済出来ない。
冷や汗が体から吹き出るのが分かる。
初めての海外で初めてのクレジットカード。

軽くパニクるが誰も助けてくれない。
自分でどうにかしなければ。

念の為、他に可能性のある暗証番号を打ち込む。

 

BAN
・・・・・・・・・

 

当然決済出来ない。

その後も数回試してみるが、何度やっても決済出来ない。
クレジットカードで支払う事はこんなに難しいのか。

もしくは何かしらの衝撃でカードが破損してしまったのだろうか。
初めて使うクレジットカードに10分以上苦戦していると、受付スタッフが口を開く。

受付スタッフ
別のカードは無いの?

BAN
あ、あります。

クレジットカードを3枚持ってきていた事すら忘れていた。

別のクレジットカードで会計すると一瞬で決済出来た。

 

あとで調べると間違ったパスワードを3回連続で入力すると
カードにロックがかかり使えなくなってしまうそうだ。

ロック解除をするにはカードの再発行が必要になり日本でしか受け取る事ができない。

1ヶ国目にしてクレジットカードが1枚速攻で再起不能になった。

BAN
さようなら。お前の事は忘れないよ。

一度も役になってないがな!

 

男一人に女二人

チェックインの説明を英語で受け、ドミトリーの鍵を渡される。
説明はあまり理解出来なかったがドミトリーが3階にある事は理解出来た。

予約する際に「男女別」か「男女共通」の部屋か選べたので「男女別」にした。
初ドミトリーで無駄に気を使いたくないからだ。

ドミトリーの部屋を明けると両サイドと奥にダブルベッドが置かれていた。6人部屋だ。
10時半を過ぎていたので電気も付けず静かに入室しベッドに腰を降ろす。
人の気配がする。すでに誰か寝ている様だ。

荷物の置き場を考えていると、突然頭上から話しかけられる。

謎の女性
電気付けていいよ。

BAN
あ、大丈夫です。

謎の女性
どこから来たの?

BAN
日本です。

謎の女性
私はアメリカで、もう1人はカナダの子よ。今日はこの部屋私達だけみたい。よろしくね。

驚いた。いきなり英語で話しかけられたからではない。
女性だったからだ。もう1人のカナダ人も女性だった。

「男女別」のはずが何かの手違いで「男女共通」の部屋に案内されてしまった。
きっとエロ漫画みたいな展開もないだろう。大丈夫大丈夫。
自分に言い聞かせる。

ハーレムとか幸先良すぎやしないか。
明日は何が起こるのだろうか。

 

次回、硬派な私が海外(カナダ)でナンパをした時に考えた3つのパターン。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で