コロンビア人の女性をナンパ!南米の女性をデートに誘う方法

コロンビア人の女性をナンパ!南米の女性をデートに誘う方法

ナンパとか挨拶でしょ。BAN(@banlife19)です。

知らない人に挨拶をした時に返事を期待しますか?

ナンパは挨拶だと思います。

自分が挨拶(ナンパ)をしたいからしているだけで、
相手が返事を返さなくてもそれでいいんです。

ナンパする時に「断られたら嫌だな」とか
「嫌な顔されたらどうしよう」なんて考えは無駄です。

無駄というか邪魔。

挨拶する時はそんなこと考えないでしょ。

「そもそも、知らない人に挨拶しない」という答えは、
無し寄りの無しでお願いします。

 

アイコンタクトと凝視

その日の行動予定はATMに行くことだった。

コロンビアの通貨が少なくなってきており、
心許ない状態だったので補充しようと思っていた。

宿を出て目の前にある大学のおばちゃんと
いつも通りアイコンタクトで挨拶を交わす。

そのまま坂道を降りて大通りに出た。

そこで髪の毛が派手な色の女の子がいたので思わず凝視してしまう。

すると向こうがこちらの目線に気付いた様だ。

なんとなく恥ずかしくなり声をかける。

スペイン語が喋れないので、
英語で『髪の毛の色綺麗だね』と話しかけると
英語で「本当に?ありがとう」と返事をされる。

 

メリッサ

メリッサという名前で私が宿泊している宿の前の大学に通っているコロンビア出身の21歳だそうだ。

久しぶりに人と会話したのが嬉しくなって
初対面にも関わらず『今日なんか予定あるの?』と聞いてみた。

すると「これから授業があるよ」と言われたので何時に終わるのか確認した所、
夕方の4時には終わるらしい。

『授業の後は予定ある?』と聞くと「特に無い」と言われたのでお茶に誘う。

夕方4時半に出会った場所の近くで待ち合わせをし近くの喫茶店に行く事にした。

喫茶店のメニューも読めないので全て彼女に通訳してもらう。

通訳してもらうも理解出来ないので無難にフルーツティーを頼む。

それからコロンビアの事を色々教えてもらった。

 

コロンビア人に聞く、コロンビアの本当の姿


Q.コロンビアは危ないと言われているけど本当?

A.ここは首都だから比較的安全。

でも危ない場所とか危ない時間帯は外に出ない方がいいよ。

10時以降とか危険だね。

あとは人通り少ない所は危険だよ。

 

Q.季節ってあるの?今の時期はどのくらいのペースで雨?

A.季節は無いよ。

ただコロンビアは高低差あるから低い所なら暖かいけど高い所に行くと寒いよ。

雨のペースは良くわからないや。

2ブロック先は晴れてるのに、ここだけ雨とかよくあるよ。

 

Q.地震とかある?

A.滅多に無いけど地震起きるとめっちゃ大騒ぎになるよ。

なんなら犬まで騒ぐよ。

 

Q.コロンビア人ってタトゥー入れてる人多いイメージだけど、そんな文化ある?

A.特にはないかな、でもみんな若い時いれちゃうよね。

家庭によりけりだけど親の世代はタトゥーとかピアスとか嫌いな人も多いよ。

 

Q.昔に比べてコロンビアは豊かになってる?

A.豊かになっているね。
(英語力不足で深く会話出来ず)

 

Q.休みの日は何して遊んでるの?

A.映画行ったり、美術館とか博物館行ったり、
外に出かけたり、クラブに行ったり、家でぼーっとしたり色々かな。

 

Q.将来に就きたい職業とかある?

A.今は建築系の勉強してるけど建築系は厳しそうだから、
もう一度大学に入り直してそこから考えようかなって考えてるよ。

 

Q.コロンビア人は海外旅行とか簡単に行けるの?

A.高収入(ハイクラス)な人は簡単に行けるけど、
それ以外はなかなか行けないね。

 

Q.ハイクラスはどんな職業の人が多いの?

A.エンジニアが多いよ。

あとは弁護士とか。

医者とか教師は給料安いね、
医者が給料安い国は珍しいよね。

 

Q.日本についてなんかイメージある?

A.4つあって、【常にアニメを見ている】【厳格(ストイック)】【頭良い】【テクノロジーが凄い】

 

こんな感じで2時間ほど色々な会話をした。

話をしていて思ったのは日本人は淡々と話すが
海外の人は本当に表情や全身を使って生き生きと会話をする。

所々分からない所もあったがとても有意義な話が聞けた。

私がしたい旅のスタイルはこうやって現地の人と会話をして
自分の見識を広げていく事だと改めて実感した。

 

次回、コロンビアで引きこもってゲームをやり続けた結果わかったこと。お楽しみ!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で