ベネズエラ人とコロンビアのメデジンでデート

ベネズエラ人とコロンビアのメデジンでデート

ベネズエラ人の彼女とコロンビアでデートをした。

ベネズエラ人がコロンビアに来るのに特に面倒な手続きは必要ないらしく、入国スタンプさえあれば90日間滞在出来る。

彼女は1ヶ月くらいしか会っていないのに会えな過ぎて寂しいからという理由でメデジンまで遊びに来た。

メデジンからククタ(コロンビア側の国境都市)までは約6時間、更にそこからメデジンまでは約17時間。

国境のイミグレは夜に閉まり、バスの乗り換え時間などで結局ベネズエラからメデジンまで約1日半かけてやって来た。

メデジンの観光名所はよく知らないが科学館に行く事にした。

 

メデジン博物館内部
中に入ると無数の糸が張り巡らされていた。

展示中のテーマは脳の働き等なのでニューロンの繊維を意識しているのだろうか。

 

ホムンクルス
ホムンクルス。
拡大している部分が人間が敏感な部分とかなんとか。だった気がする。

ホムンクルス動物
動物と人間ではかなり違うらしい。

脳の仕組みと一緒に展示されており、彼女が解説してくれたが医療系の専門用語が多過ぎてあまり理解出来なかった。

 

頭脳ゲーム
頭脳ゲーム。

3つの棒といくつかのステージ。ルールは下に大きいのを置かなければならない、小さい物の上に大きい物は置けない。

 

脳の内部写真
脳の内部をざっくり理解することができる。3パターンくらいあった。

 

悪趣味な水道
水自体は綺麗なのに、便器という先入観が加わるだけでなぜか汚い水と認識してしまう脳の不思議。

先入観のデメリットな側面。

 


オシャレなトンネル。

 

歪な時計の絵
歪な時計の絵。

しかし見る場所を変えると・・・

 

 

 

 

 

特定の位置からの時計の絵
綺麗に見える。

 

大きな椅子
大きい椅子に座って人が小さく見えるトリック。

ただ周りの絵が通常サイズな為、視覚のトリックとしては微妙。

 

ジェスチャーゲーム
別々の部屋に別れてジェスチャーゲーム。

設定は、とある科学薬品会社で事故が起きいくつかの作業をして事故を防げと言うゲーム。

指示する側にはモニターで機械を止める手順が表示される。

指示される側は操作パネルがあるだけ。

完全に防音仕様なのでお互いの声は聞こえない。

 

光の残像
蓄光の壁。

ライトを当てる事によりしばらく光り続ける。

 


数秒間の残像が残る。

一人千手観音、一人チューチュートレインが出来る。

 

オクトパス
巨大なタコに捕まっている映像。

映像があり特定の立ち位置で写真を取ると合成写真の出来上がり。

博物館で一日遊んだ後は、セントロにある光の公園に遊びに行った。

 

光の公園
光の公園というだけあって多数の光の柱がある。

光の公園下から

こうしてメデジンデートの初日が終わった。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で