悪魔の所業!愛を確認する為なら私は平気で人を傷つけられる

悪魔の所業!愛を確認する為なら私は平気で人を傷つけられる

メデジンではキトに比べ体調が良くなったがそれでも喉の痛みと多少の頭痛、そして倦怠感が抜けない。

久々にバスで長時間移動したせい、30時間以上食事をしなかったせいかも知れない。

理由は良くわからないが家で休んでいるとベネズエラのケニアからメッセージが届く。

「今日は何をしたの?」「コロンビアで何をするの?」「早く会いたい」などのたわいも無い事だ。

『コロンビアでは友人に会う予定だよ』だと伝えると、「彼とはどのようにして出会ったのか?」と聞かれる。
かなり踏み込んでくる。

『この家(カオリさん)で偶然出会ったんだよ』と伝えるもなかなか理解されない。

彼女の質問が間違っているのか、私の答えが間違っているのか分からないがそのくだりを4回ほど繰り返した。

これはもうダメだと思い『理解してないでしょ?』と聞くと、「理解はしてるけどからかっているだけだよ」と意味不明なメッセージが届く。

そしてまた同じ質問を繰り返して来たので、先ほどと同じ答えを打ち込んだ。

しばらくすると彼女は別の話題を振ってきた。兄弟や姉妹はいるのか、何人いるんだ、姉なのか妹なのかなど。

彼女は会えない寂しさをメッセージのやり取りで埋めようとしているのか、それとも単純におしゃべりなのかは分からない。

そして「妻はいるか?」と聞かれた。

最初はもちろん『いないよ』と答え、なぜそんな質問をしてきたのか尋ねた。

「なんとなく」と答える彼女に私の中の面倒くさい感情が刺激される。

『ゴメン、本当は妻がいるんだ』なんとなくそんなメッセージを送ってしまった。

彼女は怒る訳でもなく「子供はいるの?」と質問を続けてきた。

『3人いる』なぜ3人もいる事にしたのか分からない、完璧に悪ノリだ。

というか、すぐに嘘だとこの時は言おうと思っていたから適当な設定にしたのだろう。

その後も「結婚して何年なのか」「なぜ妻子を残して旅に出ているのか」「妻や子供に対して愛情は無いのか」など聞かれ、すべて適当に答えた。

そんな事を話していくうちに彼女は「私はアナタの事を好きだけど、アナタの家庭を壊したくない」や「私はアナタの幸せを望んでいる。私が側にいてもいなくても、アナタが幸せなら私は幸せ」だとか私の意地悪な質問に対して文句の付け様の無い100%の模範解答を送ってきた。

最初は何となくでついた嘘もここまで信用させてしまったからには後には引けない。

中途半端なタイミングで嘘だった事を告げるよりもしっかりと会って素直に謝罪した方が良いだろう。

ちなみに嘘をついて3日経過したが相変わらずメッセージを送りあいながらたまに架空の妻の話になる。

ある時は「アナタはいつか日本に帰って奥さんと幸せに暮らすのね、その時私は凄く悲しいけど私はアナタの事を狂おしいほど愛しているから、それまで一緒にいてくれるだけで私は幸せよ」というメッセージを送ってきた。

外人の熱烈な文章に慣れている私でもこのメッセージを見た時はかなり嬉しくなってしまった。

愛がなんなのか分からないからこんな事をしてしまっているのだろうか。

私自身も私の事を凄く面倒くさい人間だと思っている。

ただそんな面倒くさい私を私は世界で一番愛している。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で