キューバに存在する2種類の通貨と不思議なタクシー運転手とファンキーな宿

キューバに存在する2種類の通貨と不思議なタクシー運転手とファンキーな宿

ウッキウキ。BAN(@banlife19)です。

世界一周は一人旅を貫き通す予定だった。

しかし突然一回り年下の可愛い女の子から

「一緒にキューバ旅しませんか?」と誘われてNOと言えるか?

私は言えない!

ふたり旅編スタート。

 

キューバに存在する2種類の通貨

合流してまずはATMでキューバの通貨を引き出す。

キューバはCUC(クック)とCUP(カップ)という2種類の通貨が流通している。
CUCはドルと同じレートでCUPは4セントと同じレートだ。
つまり1ドル=1CUC=25CUP。

観光客用はCUCを使い、現地人はCUPを使う。
CUPのことはモネダとも呼ばれており、
CUPの支払いで食べられるローカルフードはモネダ飯とも呼ばれる。

ATMで引き出すことが出来るのはCUPのみで
CUCは街の両替所でCUPと両替することができる。

空港のATMは引き出す金額により手数料が異なった。

 

不親切な親切タクシー

空港から都市への移動方法がわからなかったのでタクシーで移動する。

本当は空港を出て右手に進むとバスがあり、
数円で移動することもできたがその情報を知ったのは宿に着いてからだった。

25CUC(約3000円)払いホアキナの家という宿に連れて行ってもらう。

 

孤独に世界を旅しようと思っていたのに、
隣にはかわいい女の子が座っている。

この旅はもう楽しい予感しかしない。

バスの中でテンションが上がる。

 

市街地に着くとタクシーの運転手がこう切り出す。

 

タクシードライバー
ホアキナの家な満室だから別の宿を紹介してやるよ。

 

絶対嘘だ。

事前に調べていたホアキナの家とは別の場所にタクシーが止まる。

 

タクシードライバー
特別料金で泊まれるように交渉してやるよ。

 

タクシーのドライバーが中に入って行き、
建物の中の人と何か話している。

こいつ紹介料もらう気だろ。

地図をチェックするとホアキナの家まで徒歩数分の距離だ。

タクシーを降りて歩いて行くことを告げると、
タクシードライバーは慌てて戻って来てホアキナの家に連れて行ってくれた。

優しいんだか優しくないんだかわからない。

 

ホアキナの家

家の前に着くとユキちゃんがこう叫ぶ。

 

ユキ
オラー!(こんにちは!)

 

すると誰かが窓から顔を出して鍵を落としてきた。

 

ホアキナの家鍵
それを使って勝手に中に入ってこいということか
なかなかファンキーじゃないかキューバ。

近所にはシオマラの家という有名な宿(カサ)もあり、
満室だった場合は紹介してくれる。

 

ホアキナの家の地図

住所:San Jose No.116, el Industria y Consulado, Ciudad de la Habana
料金:10CUC(約1,200円)
備考:朝食付き、ホットシャワー有り、Wi-Fi無し、情報ノート有り

 

次回、速攻でブロークンしてホアキナさんに怒られるがハバナの街を観光。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で