【エクアドル】妻の友人のキューバ人とミンドでカカオツアー

【エクアドル】妻の友人のキューバ人とミンドでカカオツアー

BAN(@banlife19)です。

エクアドルには妻の友人がおり、その友人と食事に行くことにした。

妻の友人のキューバ人

友人はキューバ人で現在はエクアドルに住んでいる。

数年前にベネズエラにある妻のおばさんの家に居候していた
キューバ人の友人は医者で現在はエクアドルで医師として働いている。

その日は友人の旦那さんと一緒に私たちのホテルまで車で迎えに来てくれた。

久しぶりに出会ったということでホテルで長々と話をしていた。

友人の旦那さんはエクアドル人だと思ったらキューバ人でもう何十年も付き合っている。

以前にエクアドルがキューバの移民を受け入れていた時に二人で移住した。

私はキューバに観光で1ヶ月ほど滞在したことがあるが、とてもいい国だと思っていたが国民からしてみたらそうではないと言う。

キューバは社会主義国家だ。

自然に囲まれ多くの国民がゆったりと生活している。

しかし実情は配給も足りず多くの国民が飢えており、本当に何もない時は肉の代わりにグレープフルーツの皮に衣をつけてトンカツもどきとして食べることもあったと言う。

更により貧しい家庭では雑巾に衣をつけて食べていたそうだ。

1ヶ月も生活していたのである程度知った気になっていたが、実際にはキューバ国民の多くはキューバを離れたいがその手段も方法もお金もなくキューバで苦しい生活を送っていると言う。

悲惨だ。

 

エクアドルのおすすめレストラン

しかし現在は二人とも医者として働きそれなりに裕福な生活を遅れていると言う。

つい先日はヨーロッパにも旅行に行かれたそうだ。

この日は車でおすすめのレストランに連れて行ってくれた。

都市部から車を走らせること約2時間山の中にある小洒落たレストランに着いた。

周りにはペンションが立ち並び、外には様々な植物が生い茂り、そこにハチドリも飛んでいる。

「好きなものを頼んでいいよ」と言われるが、何が美味しいのか分からないので友人に料理を決めてもらう。

 

エクアドルのピザ
まずはピザ。

マルゲリータだが私の知っているマルゲリータとは少し違うマルゲリータピザだ。

しかし美味しい。

厨房には釜が用意されており、そこで丁寧に焼かれている。

ピザが有名らしく他のテーブルの客も大抵ピザを食べていた。

 

エクアドルのエビ
エビの炒め物。

なんのソースかよく分からないが旨い。

エビの味噌とソースがマッチしており、付け合わせのトマトとプラタノも絶妙だ。

その後も「何か注文しようか?」と聞かれるが、少食な私たちはピザとエビでお腹いっぱいになってしまった。

安上がりだが、美味しいレストランでは悲しくなる。

 

エクアドルのティラミス
デザートにティラミスを注文してくれた。

このティラミスもマスカルポーネを使っており、しっかりと濃厚な味だった。

しかし色んなティラミスを食べ歩いている私たちには少し物足りなかった。

会計時にお金を出そうとすると「今回は僕たちが誘ったから出させてくれ」と支払いを断られた。

南米では誘った人が支払う文化が多い様だ。

 

ミンドのカカオツアー

エクアドルミンドのカカオ
食後は観光スポットへ移動。

ミンドという街にあるカカオツアーに参加することになった。

このカカオツアーではどの様にしてチョコレートが出来るかツアーガイドが説明してくれる。

スペイン語と英語を選ぶことができ、私に気を使って英語を選んでくれた。

 

カカオ
最初に生カカオとそのカカオがどの様に加工されていくのか口頭で説明してくれる。

生カカオ
そして生カカオを実食。

生のカカオは想像よりも甘くなく、どちらかといえばサワー系の味がした。

寝カカオ
次に場所を移動して、どのような工程でチョコレートになるのかを説明。

まずはカカオの種子を取り出してバナナの皮と麻の布をかぶせ数日間寝かせる。

ドライカカオ
そしてそれを乾燥される。

乾燥もいくつかの段階があり、最初は茶色だが段々と白みがかっていく。

剥きカカオ
完全に乾ききったカカオの種子の皮を剥き中身を取り出す。

先に別の機械で一度煎って完璧に乾燥させてから、この機械で風を当てて殻だけ吹き飛ばす。

混ぜカカオ
そして混ぜる。

めちゃめちゃ混ぜる。

最後に成型したり、砂糖や別の原料を混ぜて出来上がり。

チョコレート
ツアーの最後には試食用のチョコが用意されている。

85%、77%、67%、コーヒー、マカダミアナッツ、生姜、チリと純粋なチョコレートから様々な原料を混ぜたチョコまで。

ただし純度が高いチョコはビターで私の口に合わず、生姜とチリも新感覚でなかなかにエグい味だった。

最後に口直しにブラウニーを出されるが、そのブラウニーも純度が高すぎて美味しいとはいえなかった。

私は純チョコレートよりも準チョコレートを美味しいと感じる程度の舌しか持ち合わせていない。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で