海外ナンパの成功率を上げる声かけ。女性に気を使わせない3つのパターン

海外ナンパの成功率を上げる声かけ。女性に気を使わせない3つのパターン

バンクーバーで日本人宿を探さなかったのは海外の人と仲良くなりたかったからだ。
しかしどうすれば海外の人と仲良くなれるだろうか。
そう考えていると背後で女性がカードゲームを始めた。

これは声をかける絶好のチャンスだろう。

 

ナンパの声掛けパターン3種類

背後で行われいる2人のゲームに全神経を集中させた。
どうやらウノをやっている様だ。

ウノならルールは簡単だ。
英語が完璧に分からなくてもゲームに参加する事ができる。

 

本来の私はあまりナンパをしない。
心のどこかでナンパは不純だと思っているのだろう。

硬派な性格なのだ。

ただ付き合いでナンパをする事はある。
友人や仲のいい取引先と飲んでいる時にはノリでナンパをするが、
成功しても飲みやカラオケに行くだけの関係で特に進展はしない。

そんな硬派な私が海外でナンパをする事になるとは。
しかしやるからには本気でやる。

ナンパで大事なのは第一声だ。
どの様に私を印象付けるかが大切だ。

この状況から考えるにパターンは3つ。

 

パターン1

BAN
なんのゲームやってるの?へー、一緒にやろうよ。

ベーシックスタイル。
相手が答えやすい質問を投げかけ、当然の様に参加する形だ。
ゲーム参加成功率60%。

 

パターン2

BAN
こんにちは。どこから来たの?俺は日本。

海外風挨拶スタイル。
こんな感じに会話が始まる事が多い。出身を聞き名前を名乗る。
ただしここからゲームに参加するまでは、もう一段階話を続けなれければならない。
ゲーム参加成功率40%。

 

パターン3

BAN
ちょっと聞きたいんだけど、この辺で美味しいお店ある?

日本風ナンパスタイル。
全然関係ない話をフックとして、ナンパじゃないですよ感で安心させてからグイグイ攻める。
ここからだと一度レストランの話で盛り上がった後にゲームの話をする必要がある。
ゲーム参加成功率30%。

 

会話ができる確率で言えば3が一番可能性があるだろう。
だが英語に自信がないので出来るだけ短いやり取りでゲームに参加したい。
参加できれば、その後は自然と仲良くなれる。

と言う事でパターン1を選んだ。

 

ナンパの心構え

少し緊張する。
断られたら変な空気になるからすぐに部屋に戻ろう。

右ポケットの中に入っている部屋の鍵を確認する。

ナンパの極意は断られて当然と思う事だ。
成功すると思っていると失敗した時のダメージが大きい。
しかし純粋に断られる前提で声をかけるのも違う。

成功する前提で声をかけて断られても凹まないマインドが大切だ。
断られる前提だと弱気になりそれが声に乗って相手に伝わってしまう。
自信を持って声をかければ自然とYESを引き出す事ができる。

一見矛盾しているこの二つの要素だが自分の中では明確になっている。

大丈夫。
きっと上手くいく。上手くいかなくっても死にはしない。
断られたらダッシュで部屋に戻り、枕を涙で濡らそう。

 

振り向いてこう尋ねる。

BAN
なんのゲームしているの?

女性
ウノだよー。

BAN
へー、俺もやりたい。

女性
いいよー。でもこの勝負終わってからねー。

心の中で大きくガッツポーズをした。

 

今ウノって言ったよね?

ウノは世界共通だ。
スキップ、リバース、ドロツー、色変え、ドロフォー。
初めましての挨拶と共にカードが配られる。

それぞれ自己紹介をしながらカードを出していく。
英語が上手じゃない事を先に伝えていたからか、
二人とも少し遅めで英語を喋ってくれる。

ゲーム参加を快諾してくれた女性はポーランド人でカロリーナ、
もう一人の女性はアメリカ人のアンナ。
二人はドミトリーで出会ったらしい。

二人とも旅人で世界のどこに行った事があるとか、
カナダではどこがオススメだとか話していた。

何回かゲームをやっている内にみんな本気になってきて、
負けたらワインを一気というルールが追加される。

3回連続ワインを一気飲みした。

 

次回、北米で5番目に大きな水族館「バンクーバー水族館」で上下を考える。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で