逆引き寄せの法則(巻き込まれの法則)について考えてみた

逆引き寄せの法則(巻き込まれの法則)について考えてみた

常に懐疑的なBAN(@banlife19)です。

引き寄せの法則を私なりに解釈してみました。

引き寄せの法則とは?

よく「引き寄せの法則」という言葉を耳にする。

いったい「引き寄せの法則」とは一体なんなんだろう。

以下、wikiより引用。

自分と似た者同士が引き合うという「引き寄せの法則」を掲げ、例えば富についてのみ考えることで富を得、豊かさのみ考えることで豊かさを引き寄せることができるとする。不快な気持ちを抱くと同じような思考が延々と続いてしまうのも、「引き寄せの法則」が発動するからであるとしている。
「引き寄せの法則」によれば、欲しいものをイメージし、なおかつほとんどそれのみを考え続けることができれば、その欲しいものを手に入れることができる。
己の思考を知り、それを変えるための助けとして瞑想が勧められている。

 

簡潔に説明すると、考える事によってそれが現実になるという事だ。

周波数がとか、宇宙のエネルギーがとか、書かれているオカルト部分は懐疑的だが、引き寄せの法則は実在すると思っている。

 

1日に考える量

人間が無意識に一日どれくらいの事を考えるか知っているだろうか。

1,000回?

2,000回?

10,000回?

 

正解は約60,000回だ。

しかし無意識なので普段は意識出来ない。

その中で一部を意識する事によりアンテナの感度があがり今まで以上に認識・認知出来る様になる。

そして行動が変わる。

 

つまり「引き寄せの法則」とは自分の無意識の一部に焦点を当て、その感度が上がり。行動が変わった結果で起こる事象だと考えている。

決してオカルトではない。

 

逆引き寄せの法則「巻き込まれの法則」

そして最近私が考える引き寄せの法則に逆のパターンがある事に気付いた。

例えば自分が「◯はAである」と決めつけてると、◯はA以外には見えなくなるという事だ。

本当は◯はBでもCでもあるのに、Aとしか認識できなくなる。

例えばある国が「危険」だと思い込めば「危険」でしかなくなる。

その他の情報は無意識に拒否してしまうか、考える事を放棄してしまう。

逆に「安全」だと思えば、その国の安全な話にしか興味を示さず「危険」である事を忘れてしまう。

また他人の性格を決めつけた場合はどんな行動をとってもその性格通りにしか見えなくなってしまう。

上記の様な状態を逆引き寄せの法則、「巻き込まれの法則」と定義した。

 

まとめ

引き寄せの法則は上手く使えば自己成長に繋がる。

巻き込まれの法則は上手に付き合わなければ盲目になってしまう。

引き寄せも巻き込まれも視野が狭くなる。

様々な事に振り回されない為にも自分を常にフラットな状態で柔軟な発想が出来る様にしたい。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で