ホームレスと友達になる

ホームレスと友達になる

ホテルの近所でいつも寝ている人がいる。

ベネズエラの友人は、ホームレスは大体頭がおかしいか薬のやり過ぎだからあまり関わらない方がいいと言っていた。

しかしホームレスがなぜホームレスなのか気になりある晩話しかけてみた。

彼女の名前は【アレハンドラ】

5人兄弟の2人目に生まれ恵まれない家庭環境だった為、現在ホームレスをしている。

年齢は30代前半だが見た目は20代中盤。
無邪気に笑う顔からは悲壮感など無く、子供の笑顔に近い。

大学を卒業しているが現在病気を患っている為、就職出来ないらしい。

ベネズエラ人には珍しく流暢に英語が喋れる。

その日はお互いの名前の事や家族、国について話した。

名前の由来を聞かれたので、子供の時に聞いた名前の由来を話すと何故か感激して「紙に名前を書いてくれ」とボロボロの鞄の中から紙を探していた。

しかし、その紙は銀行のレシートだったり、病院の領収書だったり、純粋な白い紙ではなく、アレハンドラは純粋な白い紙が無いと嘆いていた。

そんな中唯一見つけたのがスペイン語の自己啓発本、
スペイン語で【成功する為の7つのヒント】と書かれているその本の裏表紙に名前を書いてくれと言われたが、
本に名前を書くのはサインみたいな気がして少し違うと思ったので、
また今度白い紙を持ってくるよと言い断った。

彼女は「今の生活は決して豊かではないが私は必ず、この生活から抜け出す」と言っていた。

彼女は怠けていた訳でも、薬などの快楽に溺れていた訳でもない。たまたま環境が悪かっただけだ。

しかし彼女の口から愚痴の様な話は一切出てこなかった。

こんなに強い人間に私は今まで出会った事が無い。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で