日本人とベネズエラ人による国際結婚の手続き【日本編】

日本人とベネズエラ人による国際結婚の手続き【日本編】

BAN(@banlife19)です。

 

日本人女性
ベネズエラ人との国際結婚って具体的にどうすれば良いの?
日本人男性
手続きにはどんな書類が必要?

 

当時は私も全く同じ心境でした。

しかし「ベネズエラ人 結婚」と検索してもビザについて政書士事務所しか出てきません。

なので、ベネズエラの日本大使館と日本のベネズエラ大使館に確認して結婚の準備をしました。

必要書類

ベネズエラの結婚証明書

ベネズエラで結婚した時に役所のスタッフに声をかければもらう事ができます。

また後日でも届出をした役所に行けば簡単に受け取る事ができます。

結婚証明書の日本語訳

ベネズエラに提出する場合はオフィシャルな翻訳でなければダメと言われましたが、日本の場合は一切縛りがありません。

私はコロンビアの友人にお願いして日本語訳を作ってもらいましたが、確認したところGoogle翻訳でも間違っていなければ問題ないそうです。

妻の出生証明書

出生証明書は手書きのコピー版とデータのコピー版があり、手書きのコピー版を提出しましたが特に規定はない様です。

また、提出書類を確認した時に「あれば」と言われたので、ひょっとしたら必須ではないかもしれません。

出生証明書の日本語訳

Google翻訳を使いスペイン語にしました。

日本語で変な所は妻に確認して元の文章に近い日本に翻訳をしました。

妻のパスポート

身分証明書として妻のパスポートも提示しました。

念の為パスポートの翻訳も用意しましたが、それは不要だった様です。

婚姻届

先にベネズエラで結婚しているので、全ての欄を記入する必要がありませんでした。

また証人に関しても不要でした。

事前に役所で確認するのをオススメします。

 

必要な手続き

役所に届出

必要書類を持って役所に届出に行きました。

スペイン語の原本と日本語訳を見比べながら受理手続きが行われます。

途中「この訳はどこに書かれていますか?」と言われた時は、ヒヤッとしましたが何と無くの説明で何と無く納得されていました。

勝手な予想ですが担当者の方もそれほどスペイン語が堪能ではなく、重要な部分だけ確認している様子でした。

苗字や入籍日に関して

苗字はベネズエラでの状態になります。

妻は私の苗字に変更していないので、日本の書類においても夫婦別姓の状態となりました。

入籍日は届出した日になると思っていましたが、こちらもベネズエラで入籍した日が記載されます。

 

まとめ

私たちはベネズエラで入籍して、日本でも入籍しましたが、実はベネズエラの日本大使館でも日本側の入籍手続きは可能です。

しかし日本では日本側の入籍手続きしか出来ず、ベネズエラ側の入籍手続きは実際にベネズエラに行く必要があります。

私が確認したのが日本のベネズエラ大使館だった為、ベネズエラでの入籍はベネズエラでしか出来ず、日本での入籍は日本でしか出来ないと勘違いしていました。

ベネズエラの日本大使館と日本のベネズエラ大使館には、何度も電話をさせて頂きました。

その度にとても丁寧な対応をしていただき、誠に感謝をしております。

情報が少ない事なので、このブログが皆様のお役に立てればと思います。

何かご質問やご不明点がございましたが、コメント欄でもツイッターでもお気軽にご連絡ください。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で