【人間の存在意義】何のために生きているのか考える

【人間の存在意義】何のために生きているのか考える

生きている意味を探しています。BAN(@banlife19)です。

人はなぜ生きているのでしょうか。

そしてどうやって死ぬのがベストなのでしょうか。

私にはまだ分りません。

ただ時々自分の命がとてつもなく軽いものだと感じる時があります。

 

自分の為に生きる

まず最初に考えるのが自分の為に生きるということ。

もっと幸せになりたい。

もっとモテたい。

もっと裕福になりたい。

もっと偉くなりたい。

もっと美味しいものを食べたい。

もっと楽しいことをしたい。

モチベーションはなんでもいいでしょう。

ただその先に本当に存在意義があるのか、
私は時々不安になります。

私のお話をさせてもらえば、
私はそこそこの幸せを手に入れて来ました。

そしてそれを壊して来ました。

スクラップ&ビルドです。

ゲームのリセットボタンを押すように、
人生を振り出しに戻し最初からはじめるのです。

ただそんな楽しみ方にも限界が来ました。

 

人の為に生きる

誰かの為に生きるというのは尊いものです。

自分の人生を投げ出して、
ただただ人の為に尽くす。

ガンジーやマザーテレサの生き様に人は感動します。

そんな生き方は簡単に出来ないからです。

自分の命が軽いと感じた時に
誰かを助けたいという欲求に駆られました。

余命いくばくも無い人の代わりに
自分が死ぬことができないだろうか。

事故で突然命を奪われてしまった人の代わりに
自分が死ぬことができないだろうか。

当然できません。

私に残された道は困っている人を助けることです。

 

後世の為に生きる

福沢諭吉著「学問のすすめ」にこんな一節があります。

一身の衣食住を得て、そのことに満足するならば、
人間の渡世はただ生まれて死ぬだけで、
死ぬときの有様が生まれた時の有様と同じと言うことになってしまう。

自立し家を建て、家族を養うだけなら
蟻の生涯と何ら変わらないでは無いかとも言っています。

そうなのです。

先人のお陰で現在の私たちの生活があります。

それを食いつぶして、ただ消費するだけでも
私たちが生きていくことは可能でしょう。

ただそれは盗人と同じでは無いでしょうか。

先人のお陰で楽に生きられているのであれば、
私たちも後世の為に何かしらを残さなければいけないと思います。

私たちが受け取った恩恵よりも
より多くのものを後世に残したいのです。

 

まとめ

私の命が軽く感じる時は
いつも自分の為に生きようとした時です。

自分の為に生きるのはもう限界で、
これから人の為、後世の為に生きる方法を
模索する必要があると感じています。

人間の一生なんてあっという間だからこそ
多くの人に幸せになってもらえる方法を見つけたいのです。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で