3日間のデートは長いようで短い

3日間のデートは長いようで短い

彼女襲来3日目。

彼女は1日半かけてメデジンまで来たが姪っ子が教会で洗礼を受ける為、明日の昼までにまたベネズエラに戻らなければ行けない。

洗礼に出席しなくてもいいかと国際電話をかけて交渉していたが、結局ダメだったようで強制帰国が決定した。

しかしバスの時間まで2時間ほど余裕があったのでセントロを観光する事にした。

 

セントロの建物
セントロには様々な建物がある。

治安があまり良くなくボテロ公園くらいしか観光客がいないが、実は周りの建物やお店にも見所はいっぱいあるのだ。

セントロの噴水

 


当然ボテロ公園にも足を運んだ。


ボゴタのボテロミュージアムの入り口にもある手の彫刻。

ボテロというアーティストはメデジン出身なので中心部にはボテロ公園というボテロの彫刻がいくつも飾られている公園がある。

 

そして時間が来たのでバスターミナルに向かう。

メデジンはある紹介できたと思うが彼女は楽しかっただろうか。

ホスピタリティが高すぎるので自分が楽しむことよりも相手が楽しめたかどうかが気になってしまう。

 


バスターミナルで最後の食事をする。

定食はあまり美味しくなかったがハンバーガーが超美味かった。

ベンチに腰掛けて20分くらいたわいもないおしゃべりをして彼女とは別れた。

 

彼女は居心地良いし好きなんだけど、そこまでぞっこんではない。

それは彼女が私の事を愛し過ぎている故の驕りなのかもしれない。

どんな事になっても彼女は私を好きで居続けてくれる気がする。

慢心だろう。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で