世界の人口は74億人もいるのに恋愛対象が日本人だけなのはもったいない

世界の人口は74億人もいるのに恋愛対象が日本人だけなのはもったいない

BAN(@banlife19)です。

多くの日本人は恋愛対象が日本人だけだと思います。

それについて過去の自分の経験も含め何故なのかを考えてみました。

英語が出来ない

日本人の多くは英語を不要だと思っている。

日本で生活する上で英語の必要性は見出せない。

私も実際、世界一周を決断するまで一切必要ないと思っていた。

もちろん出来ないよりも出来た方がいいのは分かっている。

しかし必要に迫られなければ英語を学習する気にならない。

英語よりも日本語を研ぎ澄ませた方が仕事でも人間関係でもよっぽど役に立つ。

そして英語の気取った発音が苦手だった。

「アップル」が「アッポー」、「サンキュー」が「ティンキュー」になるのは意味が分からない。

出会いがない

日本にいて海外の人と出会う可能性は極めて低い。

私も30年間日本で暮らしていて、仲良くなった外人は3人しかいない。

その3人とも日本語が堪能だった。

10年に1人の確率で出会う外人と、年に数十人以上の出会いがある日本人で恋愛に発展する確率が違う。

一般的な恋愛スキルさえ持ち合わせていればいつの間にか恋人は出来る。

しかし日本で受動的な生活をしていて外人の恋人が出来る可能性はほぼ0%と言って良い。

外人を勧める理由

自分の身の回りの人を見てほしい。

きっと自分と同レベルな人間が寄り集まっているだろう。

家族、恋人、友人と思考が似ており同じ様なステージの人間だ。

しかし国際恋愛の場合、この現象が崩れる。

私の場合は高卒で対した能力もないが、医者の妻と結婚する事ができた。

まさに逆玉!

今はまだ将来の事が確定していないが、今後専業主夫になり左うちわの生活を送る予定だ。

まとめ

まずは日本でそこそこの恋愛スキルを磨き、英語かスペイン語を勉強して世界に出ましょう。

そして自分の理想に近い外人パートナーを見つけてください。

母数が多ければ多いほどチャンスがあります。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で