メデジンでマッサージのチラシを受け取ったので行ったら3Pに誘われる

メデジンでマッサージのチラシを受け取ったので行ったら3Pに誘われる

マッサージ大好き。BAN(@banlife19)です。

池袋に居た頃は週に2度のペースで接骨院に通って居ました。

フィリピン留学中も月に2度のペースでタイ式マッサージに。

海外旅行に出かけてからはマッサージに行かなくなりましたが、
そもそも姿勢が悪いので体の節々がすぐ痛くなります。

 

怪しいチラシを受け取る

セントロを歩いていると小さな紙を渡された。

日本に比べてチラシの大きさが凄く控えめだ。

 

メデジンマッサージチラシ
そこには「massage」と書かれていた。

アジア以外のマッサージに偏見があるので
あまり期待をしていなかったがそれでもマッサージ欲に負けて行くことにした。

 

チラシに書かれた住所

チラシを受け取った場所から店舗までは2ブロックほど歩いた。

住所的には問題がなさそうだが、
それらしいお店は見当たらない。

チラシに書かれた住所には普通の家があった。

恐る恐る呼び鈴を押してみる。

するとドアが開いて中にはソファが置かれていた。

出迎えてくれたおじさんが、
ソファーに座ってくれとジェスチャーをして料金表を渡してきた。

 

マッサージ料金表
30分45,000CP(約1,800円)ならそんなに高くはない。

しかしメニュー表にはマッサージメニューが無く、
時間と料金しか書かれていない。

 

セクシー衣装の女性が目の前でクルクルと回る

ソファーに腰掛けて料金表を見ていると、
なぜか奥の方からセクシーな下着姿の女性が現れた。

意味がわからない。

そしてその女性は私の前までやってきて、
挨拶をすると目の前で一回転して戻って行った。

なんの余興だろうか。

そう思っているとまた別の女性がセクシー衣装で奥の方から現れる。

そして挨拶をして目の前でクルクルと回る。

こうして5人のセクシー衣装を身にまとった女性が目の前で一回転して去って行った。

そしてなぜかその5人の女性が私の前で並んでいる。

マッサージ師をこの中から選べというのだろうか。

エロさはあるがマッサージのテクニックが期待できる人はいなさそうだ。

いや、違う。

ここマッサージ屋じゃねぇぞ。

置屋だ!!!

慌てて間違えて入ったことを説明するも、
英語が理解できる女性はいなかった。

 

BAN
ここマッサージじゃないですよね。

セクシーなお姉さん
何がしたいの?

BAN
ごめんなさい、勘違いしてました。

セクシーなお姉さん
2人がいいの?大丈夫よ。

BAN
いや、そうじゃなくて。

セクシーなお姉さん
誰と誰がいい?

BAN
すいません、英語出来る人はいませんか?

セクシーなお姉さん
今は5人しかいないのよ。

 

話が全く噛み合わない。

受付のおじさんに謝罪して店を出る。

違う方のマッサージ屋だった。

 

次回、メデジンの妖精ことカオリさんの授業に参加する。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で