予約なしで日本人宿【カサ吉田】に乗り込んでぼったくられてマスクを買う

予約なしで日本人宿【カサ吉田】に乗り込んでぼったくられてマスクを買う

予約していない宿に向かう。BAN(@banlife19)です。

前回の記事「英語が一切通じない!?スペイン語を全く喋れないままメキシコに到着」でもお話しした通り、
なんの準備もせずにメキシコのカンクンに来てしまった話の続きです。

空港のWi-Fiを使おうとしたら空港にWi-Fiはなく、
仕方ないので「カサ吉田」という
日本人宿の名前だけを頼りにタクシーに乗り込みました。

果たしてカサ吉田に泊まれるのでしょうか。

 

カサ吉田到着

カサ吉田の外
「カサ吉田はここだよ」とタクシーの運転手に案内されてたどり着いた一軒の建物。

恐る恐るチャイムを押してみる。

ビーッ

海外っぽいチャイムの音がする。

しばらく待つが誰も出てこない。
もう一度押してみる。

ビーッ

すると若い日本人女性が出て来た。

 

BAN
すみません。予約してないんですけど泊まれますか?
女性
Sorry I can’t speak Japanese.(日本語は喋れないわ)

 

慌てて英語で聞き直す。

 

女性
I’ll check wait a moment.(今確認してくるから待ってて)

 

そう行って彼女は宿の中に入って行った。

しばらく待っていると宿の中に案内された。

少し年配の女性が英語で宿のルールと宿泊費の説明をしてくれた。

よかった。

ベットに空きがあるようだ。

 

ドミトリーで同室になった日本人の男性に
タクシー代いくらかかったか聞くと17ドル(約2000円)と言われた。

完璧にボラれた。

これから新しい国に行く際は到着前に宿の情報と
そこまでの運賃の相場を調べようと心に誓う。

 

カサ吉田の地図

住所:Mero Retorno # 4 MZA 2 LTE 27, SM3, 3, 77500 Cancún, Q.R., メキシコ
電話番号:+52 998 884 0554
ホームページ:casayoshidacancun.com

 

メルカド28という市場

メルカド28
カサ吉田から歩いて行ける距離に
「メルカド28」という市場がある。

様々なお土産や工芸品が売っている。

ポンチョやメキシコっぽい帽子、
Tシャツ、キーホルダー、訳の分からない置物と
土産物屋でありがちなラインナップが揃っている。

そして歩いているだけで、

 

店員
アミーゴ、アミーゴ!(友達、友達!)

 

と強烈な客引きにあう。

 

メルカド28の地図

住所:Xel-ha M 2 13 SMZ 28, 28, 77501 Cancún, Q.R., メキシコ
ホームページ:market28cancun.negocio.site
営業時間:8時から19時まで

 

キーホルダーを半額まで値切る

カンクンの物売り
土産物屋を散策していると良さげなキーホルダーを見つけた。

店員のオヤジに値段を聞くと6ドル(約720円)と言われる。

うん、高い。圧倒的に高い。

コイツ絶対ぼったくろうとしてる。

ペソで値段を確認すると102ペソ(約612円)だと言われる。

少しは安くなったがまだ高いので値段交渉に入る。

 

BAN
いくらになる?

オヤジ
頑張って90ペソだね。

BAN
いや高いよ。

オヤジ
じゃあ80ペソだ。

BAN
うーん、50ペソは?

オヤジ
それは安すぎる。じゃあ70ペソ(約420円)でどうだ?

BAN
まだ少し高いよな。でもそれでもいいかなぁ。

オヤジ
特別に60ペソ(約360円)にするよ。持ってけ泥棒!

 

ぼったくられたキーホルダー
最初に吹っかけてきた値段の半額になった。

この辺が適正な値段だったのだろう。

満足して歩いていると別の土産物屋で
全く同じ商品が並べられていた。

そしてその値段は、

 

30ペソ(約180円)。

 

あのオヤジ4倍の値段で吹っかけてたのか。

 

世界一周前から決めていた買い物

マスク販売
メキシコに来たら絶対に買おうと思っていた物がある。

マスクだ。

プロレスには興味はないがマスクには異常な関心があった。

心理学的な観点で考えると
本来の自分とは違う人間になりたいという願望があるのだろうか。

 

市場の中でマスクを売っている店に行き英語で話しかける。

 

BAN
マスク欲しいんだけどいくら?

マスク屋のオヤジ
心配すんなお前にとってGood priceにしてやるから。

BAN
不安しかねぇぞ大丈夫か?

 

値段とデザインで決めようとしたがGood priceとはぐらかされたので、
あれやこれやと試着して考える。

 

マスク試着2
色味的にこれはオランダ🇳🇱だな。

オランダマスクと名付けよう。

赤と白と青のコントラストが素敵だ。

でもそもそもオランダそんなに興味ないんだな。

「オランダは50万くらい払えば個人事業主として活動できる」とか、

「大麻が合法」ってことくらいしか知らないんだよな。

次行こう、次。

 

マスク試着1
これは金の匂いがするからセレブだな。

セレブマスクと名付けよう。

金色がマスクマンに似つかわしくなくて素敵だ。

でもそもそも俺金持ってないんだよな。

貧乏人に限って金とか好むよね。

あとはラッパーとか前歯にも金いれちゃうよね。

 

なんども試着して外しては繰り返していると
奥の方からさらに大量のマスクを引っ張り出してきた。

カモだと思われたのか?

 

1時間以上試着を繰り返してオヤジに声をかける。

 

BAN
これにしようかと思うんだけど。

マスク屋のオヤジ
そうか、じゃあ一緒にTシャツはどうだ?

BAN
いや、マスクしか興味ないから。

マスク屋のオヤジ
じゃあ、ポンチョはどうだ?マスクに合うぞ!

BAN
いや、マスクしか興味ないから。

マスク屋のオヤジ
わかった、ハンモックがいいか?安くするぞ。

BAN
いや、マスクしか興味ないから。

マスク屋のオヤジ
残念だな、テキーラをオススメしよう。メキシコのテキーラは他のと違うぞ。

BAN
いや、マスクしか興味ないから。

マスク屋のオヤジ
仕方ないな、葉巻は吸うか?匂いを嗅いでみろ。

BAN
マスク以外興味ないから!!

 

人の話を聞いているようで一切聞いていないオヤジのトークをブロックして本題に入る。

 

BAN
これ3つでいくら?

マスク屋のオヤジ
実はこれメキシコ製だから高いんだよね。中国製とは物が違うよ。

 

オヤジの先制攻撃だ。

 

BAN
でいくらなの?

 

おもむろに電卓を叩き始めるオヤジ。

そして電卓に表示された金額は、

 

マスク屋のオヤジ
3つで2,200ペソだね。(約13,000円)

 

驚愕の金額だ。

さっき他の土産物屋でボラれいるから耐性はついているが、
ボッタくるにしてももう少し現実的な値段設定にして欲しい。

 

BAN
え、それ高くね?

マスク屋のオヤジ
カード使えるから平気だよ。

 

満面の笑みでこう伝えられる。

何がGood priceだ、
そのGood priceはお前にとってのGood priceだろ。

反撃開始だ。

 

BAN
残念、カード持ってきてないんだよね。

マスク屋のオヤジ
じゃあいくらなら持ってるんだ?

BAN
1,000ペソ。(約6000円)

マスク屋のオヤジ
いや、それは無理だよ。2,000ペソ(約12,000円)にしてあげるからカード持ってきな。

BAN
それでも高いから。

マスク屋のオヤジ
わかった、じゃあ1,800(約11,000円)だ!

BAN
うーん、無いねぇ。

マスク屋のオヤジ
1,600?(約10,000円)

BAN
高いねぇ。

マスク屋のオヤジ
じゃあ君の希望の額を電卓に打ち込んでくれ。

BAN
いやいや、相場わからないし。

マスク屋のオヤジ
いいんだよ、いくらでも。

BAN
ひとまずもっと安くして。

マスク屋のオヤジ
じゃあ1,000ペソ(約6,000円)でどうだい?

BAN
まだ高くない?

マスク屋のオヤジ
わかった、900(約5,400円)で。持ってけドロボー!

 

袋に詰め込もうとするオヤジ。

 

BAN
待て待て待て、買わないよ。

マスク屋のオヤジ
特別に800(約4,800円)だ。これが限界。

BAN
ぶっちゃけ1個あたり100(約600円)で買えるって聞いたんだけど。

マスク屋のオヤジ
いや、それは本当無理。帰ってくれ。

BAN
ふぁ!?

 

値段交渉開始から20分。

突然、戦いの幕が降ろされた。

確かにこっちも無茶な値段を言ったかもしれない。

しかし20分値段交渉したことにより、

 

13000円が4800円、
値段が約3分の1になるのってどうなのよ?

 

仕方がないので他の店でマスクを見て回る。

最初は750ペソ(約4,500円)と言ってくるが、
『高い高い』と言うと450ペソ(約2,800円)まで落としてくれる事が判明。

ただ他の店のマスクはクオリティが圧倒的に低い。

かぶり心地が悪かったり、生地が薄かったり、
縫い目が粗かったり、デザインがダサい。

他の店で良いマスクは見つからず最初のお店に戻る。

 

BAN
500ペソ(約3,000円)なら買うよ。

マスク屋のオヤジ
ほら、言っただろ。俺の店は他の店より物がいいって。

 

そう言いながらサラッと電卓で800ペソ(約4,800円)を提示。

 

BAN
無理無理、じゃあ600(約3,600円)出すよ。

マスク屋のオヤジ
なら間をとって700(4,200円)だな。

 

強引に袋に詰め出すオヤジ。

 

BAN
600(約3,600円)じゃなきゃ買わないよ。

マスク屋のオヤジ
コーラ飲みたいから650(3,900円)にしてくれないか?

 

最後はオヤジの提案を承諾して650ペソ(約3,900円)で購入する事にした。

しかし財布を見ると端数が40ペソしかない事に気づき、
電卓を打ち直し640ペソ(約3,800円)で購入することになった。

 

購入した3種のマスク
購入が決まり握手をしたらオヤジの手には力が入っていなかった。

そもそも3倍以上の値段ふっかけてきてるのが異常だ。

メキシコの物売りほど強い営業を今まで見たことがない。

 

次回、カンクンの海と泉を満喫!ククルカン・ビーチで泳ぎ、グラン・セノーテを潜る。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で