冗談メールから発展!世界一周中に友達以上恋人未満の関係

冗談メールから発展!世界一周中に友達以上恋人未満の関係

BAN(@banlife19)です。

意図していない所で人を傷つけてしまったり、悲しませてしまったり、逆に笑わせたり、喜ばせたり。

意外な行動が人生のターニングポイントになることもありますよね。

冗談メール

いつもの様にケニアからおはようのメールが届いた。

前日はアプリゲームにハマり夜更かしをしてしまったのでメールの返信が昼過ぎになってしまう。

 

ケニア
いつもより遅いね。どうかした?

BAN
君のせいだよ♡ところでお姉さん家の近くのカチャパ屋って今日やってるの?

 

先日「ゲーム中毒ダサいね」とゲームのやり過ぎをディスったので適当に誤魔化す。

「君のせいだよ♡」と言っておけば、笑って流してくれるだろうと思った。

しかし実際の反応は違っていた。

 

ケニア
何で私のせいなの?

BAN
秘密。

 

そもそもケニアのせいではない。

しかし今更「ゲームやってて夜更かししたから」と本当の理由も言えない。

そして思いがけないメールが届いた。

 

ケニア
言って。世界で誰かを見つけるのはとても難しい。日本とベネズエラではとても離れているし。それは私にとっても同じ事。でも私はアナタを見つけた。
BAN
??????????????

 

頭が混乱する。

 

勘違いメール

ケニアに対して好意が無い訳ではないが、数日後にベネズエラを出てエクアドルに行く事が確定している。

そしてそれは彼女にも伝えていた。

更に彼女が出来たとしても旅を辞める気は無い。

彼女にとって私と付き合わない方が幸せではないのか、私は彼女を幸せにする自信が無い。

 

しかし、よくよく考えればそんなものは誰でも同じだ。

「彼女を幸せにする」なんて考えるのはおこがましい。

 

ケニア
そうだね、出会えたのは運命だったのかもしれないね。

 

少し臭いメールを送信。

しかし、それには反応がなかった。

 

BAN
あれ?これは私の一人相撲か?勝手に勘違いしてキザなメールを送りドン引かせたやつか?

 

運命メールを送った事を少し後悔する。

今日はお姉さん家の近くのカチャパ屋が営業しているというので夕飯に誘った。

ケニアはお姉さんの家で勉強しているというので、今からバスで向かうと連絡する。

前に乗ったバス停でバスを待つ。

しかし一向にバスが来ない。近くのおじさんに尋ねるとスペイン語で何やら説明してくれたが全く分からない。

ただ近くにいた女性が別のバス停を案内してくれた。

しかしそのバス停からバスに乗った場合は、どこかで乗り換える必要があるという。

スペイン語の出来ない私にとってバスの乗り換えは難易度が高過ぎる。

バスで行く事は諦めタクシーで向かおうとタクシードライバーに声をかけると「ノ アイ パソ」と言われた。

多分通過出来ないとかなんとかだろう。

バイクタクシーの人にも声をかけるがダメだといわれる。

絶望的だ。

ケニアからメールが届く。

 

ケニア
公園を目印に来てね。

BAN
ごめん。よく分からないけどバスでもタクシーでも今日は行けないって言われた。

 

何ともダサいメールだろうか。

結局ケニアがホテルまで来てくれた。

 

カチャパリベンジ

今日は「教会のデモで道が通行止めだった」という理由を聞く。

何を食べに行こうか相談するも2人とも優柔不断で決まらない。

お互いに複数の候補を出してあみだくじで決める事にする。

その結果「カチャパ」になった。

ネットで調べるとホテルから車で30分ほどの距離にカチャパ屋があった。

タクシーに乗込みカチャパ屋に行きたいと地図を見せる。

 

タクシードライバー
もっと近くて美味しいカチャパ屋知っているよ。
BAN
本当か?道が分からないだけじゃないのか?

 

不安に思いながらもタクシードライバーの提案に乗る事にした。

タクシーは5分ほど走った所で車を止めた。徒歩でも20分かからない距離だ。

10分も走っていないのに1,000ボリバル(約100円)を要求して来た。

通常は300~400ボリバル程度だが情報量込みの値段だと割り切り支払う。

そこは屋台形式のカチャパ屋で色んな種類のカチャパがあった。

チーズとハム以外にも豚肉や牛肉、鶏肉など。

鶏肉とマンゴージュースを頼みケニアはチーズのみの簡素なカチャパを頼む。

美味い!

鶏肉とチーズとカチャパの何とも言えないハーモニー。

バターを塗り口に放り込むと絶妙な甘さと塩っぱさが口の中に広がる。

日本に帰国したらカチャパ屋をやろうかと思うほど美味い。

 

ホテルでテスト勉強

ホテルまで近かったので歩いて帰ることにした。

帰り道、水たまりを車が通過しケニアに大量の水がかかった。

そして二人で大爆笑する。

 

ホテルに戻り彼女は翌日のテストの為に勉強をしなければならないと言ったので、勉強方法を間近で見せてもらう事にした。

一切ノート類は使わずPCに表示されている画面だけを見て勉強していく。

たまに僅かに口を動かすが聞こえない程度の声で少し呟き数十秒ほど見るだけですぐに次のページをめくる。

「勉強ってそんなに簡単だっけ?」と思うほど彼女の勉強方法は簡単だった。

彼女はこの方法を小学生の時からやっているという。

それで高校では首席だったという、さすが医大生といった所だろうか。

しばらく見ていたが見られながら勉強するのは、やり辛いだろうと思い部屋を出てラウンジで時間を潰す。

2時間後に戻ると彼女はベットの上で横になっていた。

 

BAN
勉強しなくて大丈夫?

ケニア
少し休憩しているだけだから大丈夫。

 

私も横に寝てiPhoneをいじっているとケニアが話し始めた。

携帯をチェックしながら何となく相づちを打つ。

そして水を取る為に彼女の体に一瞬触れた。

 

ケニア
私の顔赤くなってない?

 

微かに赤くなっている。

 

BAN
どうしたの?

ケニア
アナタが体に触れたせいだよ。

 

そこからの展開は早かった。

彼女は私を求め、私も彼女を求めた。

そして体を重ねて眠りにつく。

翌朝、目を覚ますと彼女は静かにテスト勉強をしていた。

 

友達以上恋人未満

その日から私たちの関係は友達以上となる。

毎晩彼女は私のホテルに来る様になった。

彼女の体温はとても高い、そして私の体温はとても低い。だから抱きしめあうと2人とも幸せな気分になれる。

お互い無い物を持っているから。

彼女はよく笑う。些細な事でも笑う。

私のホテルはたまに喘ぎ声とスパンキング音が聞こえてくる。

それに対抗するために、猫の鳴き声をしながら手を叩くと大爆笑した。

トトロのモノマネでも、みかんを口に含んで変顔をしても笑う。

 

彼女はよくキスをしてくる。それはもう何かと理由をつけてキスをしてくる。

暇だったので死んだフリをしていた。

それに気づいた彼女は脈を確認してこう言った。

 

ケニア
これはキスをしないと治りませんね。

 

そう言って唇を奪われたので、痙攣をした。

 

ケニア
この痙攣はキスをしないと治りませんね。

 

再度、唇を奪われる。

またバスの中や散歩中でも平気でキスをせがんでくる。

 

彼女は私の事を褒めてくれる。誰にも褒められた事がないポイントを褒めてくる。

アナタは美しいとか、エキゾチックで魅力的だとか、とても面白くて少し狂ってるとか、一緒にいるだけで幸せな気分になれるとか、何もしていないのに褒めてくれる。彼女の褒める才能が羨ましい。

照れ隠しで素っ気ない態度をとってしまう私とは真逆の人間性だ。

 

いつ私を好きになったのか尋ねる。

 

ケニア
バスの中で私の感情を理解してくれた時。

 

意外な返答が返って来た。

 

ケニア
最初は本心で理解していないと思ったけど話を続けたら、この人本当に私と同じ感情を持ってるんだって思った。

 

そして好きになったらしい。

恋愛テクニックの「同調」は世界共通なのかもしれない。

ケニアからも質問される。

 

ケニア
なんで私の事を思って眠れなかったの?

BAN
あー、あれは嘘だよ。でもケニアの事は良い子だと思ってた。

 

少しだけ「納得出来ない」という顔をされる。

 

BAN
もしメリダに戻って来たら正式に彼女になってくれるかい?

ケニア
イエス、イエス、イエス!ってかBANは私に彼女になって欲しいと思ってるの?

BAN
もし彼女になって欲しいと思わなければ今の質問はしないよ。

 

そんな彼女がメリダを離れる際に手編みのリストバンドをくれた。

旅の無事を祈って編んでくれたのだろう。

今はまだ友達以上恋人未満の関係。

数ヶ月以内にメリダに戻り正式に付き合いたいと思っている。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で