英語が喋れなくてもコミュニケーションをとる方法

英語が喋れなくてもコミュニケーションをとる方法

私は英語があまり喋れません。

文法や単語数でいったら中学生の方が私よりも英語レベルが上だと思います。

でもそれでもコミュニケーションは可能でした。

友達は当然ながら恋人だって作れちゃった。

その方法を詳しく、そしてあっさりと解説して行きます。

話すか話さないか

以前に日本人旅行者と一緒に行動した時、英語を喋ったらその人が突然「英語出来ないんですね」と笑顔で言ってきた。

 

BAN
は?何を言っているんだい、こいつは?俺全然喋れてるし、ってか意思の疎通が出来てる=喋れるって事じゃないのか?

 

そう思ったが大人の対応をした。

 

BAN
ははは、英語苦手なんだよね。良かったらこれからは君が話しかけてくれない?

旅人
いや、大丈夫です

 

何が大丈夫なのでしょうか。

人に対して出来ないと言う割に自分は挑戦すらしようとしない。

そして気付きました。

会話出来る出来ないは英語力じゃないって。

やるかやらないかだけなんですよ。伝える意思があれば最悪ジェスチャーでどうにかなるし、伝わらなかったら笑ったらどうでもよくなるし。

想像力で補う

私の英語は指摘の通りクソなのに何で人と交流(意思の疎通)が出来るのか自己分析をした所、補い余ある部分をみつけました。

それは知識量。

英語だろうと日本語だろうと同じで会話には流れがあって、その中で自分がわかる単語を拾い集めると全部が理解出来なくても道筋は理解できます。

元々難聴気味なので日本語も会話のすべてを聞き取る事が出来ずその習慣が出来ていたのです。

例えば【緑、生き物】と言えば【カエル、バッタ】などが連想出来る様に人間の想像力はかなり豊かで柔軟です。

多少複雑な連想ゲームの要領。

どうしても理解出来ない時は『◯◯って単語はどういう意味?』って聞いたり『ごめん、ちょっと良くわからない』と素直に言えばそれで終わり。

積極的に話しかける

文法が正しいとか正しくないとか、英語がちゃんと喋れるとか喋れないとか、TOEICが何点とかもう全く関係ない世界。ビジネスなら問題あるかもしれないけど旅人なら中学生レベルの英語でもいける。

実際に私の英語力も中学生レベルだけどそれでも困らないくらいに会話は出来てるし交流もそこそこ出来ています。

声が小さかったり、あまりにデタラメだと「お前何言ってるか分からない」ってたまに言われるけど、それは正論なので「だよねー」と笑っとけば険悪な雰囲気にはならない。

だからこれから世界一周行く前にフィリピン留学考えている方はその予算を旅に充てた方が充実した交流出来ると思います。

だってみんなが英語をもっと上手くなりたいのって、もっと現地の人と交流したいからとか深い話を聞きたいからでしょ。

それって英語が出来る出来ないはあんまり関係ないもの。

日本人でもそうでしょ。日本語が上手だからって知らない人に心の内は明かさない。

言葉遣いよりも大事なのは人間性やその人の知識量だと思います。

だからコミュニケーションをとりたいからって理由の語学留学なら他のアプローチ方法の方が効果あるんじゃなかろうか。もちろん英語を上達させたいって理由で留学するのは良いと思うけど。

自分が興味のある知識をいっぱい埋めて旅に出たらきっといい交流が出来るはず。

英語を勉強するのもいいけど、知識を溜め込んだり、鋼のメンタルに鍛えるのも世界の人と交流する重要な部分だと私は思います。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で