人は皆平等なのか?

人は皆平等なのか?

最近1人で考える時間が増えた事により頭の回転が多少早くなった。

世界一周を始めた事によって仕事をしていた頃に比べ緊張感がなくなり、物事の見方がミクロからマクロになり、それ故に以前の鋭さが無くなった。

その刺々しさが無くなり全てを受け入れる事が出来るようになった。

でも受け入れる事は度々思考を止める事が必要になり、その強制思考停止が原因で頭の回転が以前に比べ遅くなっていた。

しかし最近は受け入れる事もしながらそれでも更にその奥への探求が出来るようになったのかもしれない。

私はどこに行くのか、どこに行けるのか分からないが、常に考え続けたい。

 

人は皆平等か?の質問の答えは【平等ではない】が正しいと思っている。

なぜなら実際人は皆平等なんて言ってるのは小学校の先生と嘘くさい大人くらいじゃないか。

でもそれが結構浸透して多くの人が勘違いをしている。

福沢諭吉の有名な書籍【学問のススメ】でも、

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という最初の一節だけが有名になって、一万円札の福沢先生ですら平等を説いている!なんて誤解する人も多いが、是非本屋に言って続きを読んで欲しい。

誤解をしている人間にとっては耳が痛い内容が書かれている。

昔学校の先生が「金持ちでも貧乏人でも豊かなでも貧しくても平等なモノが一つだけある」と言っていた事がある。

その時の答えは時間だった。

まだ子供だった自分は『なるほどな』と関心したが、今ではなんて視野が狭い考えだったのだろうとちょっと小馬鹿にしている。

なぜなら時間も金で買えるからだ。

 

「人間は平等」だと言う前提は大嘘ではないだろうか。

もしこれが嘘では無いと言うのであれば、誰か私に人間は平等だと言う事を理解させて欲しい。

 

ただ人間は平等ではないけど、価値観は人の着眼ポイントに寄る。

だから自分の方が他人より優れているからと人を見下したり、傲慢な態度をとっていい理由にはならない。

優れた所もあって、劣っている所もあってそれでも共存して行く必要が私たちにはあるんだと思う。

周りの人間の悪い所ではなく、良い所を探す癖をつけたい。

身近な人間にこそ傲慢になりがちだから気をつけないと。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で