【ペルー】ローカルレストランとギネス認定のレセルバ公園にある噴水

【ペルー】ローカルレストランとギネス認定のレセルバ公園にある噴水

BAN(@banlife19)です。

どうして人は「ギネス認定」とか「世界最大規模」という表現に弱いのでしょうか。

ちなみに私は「新商品」と「◯%オフ」という表現に弱いです。

ペルーのローカルレストラン

ペルーのローカルレストラン
ペルーのリマにあるローカルレストランでは外の看板に複数の前菜とメインが書かれている。

 

ペルーのローカルレストラン店内
店内に入り好きなメニューをオーダーする。

ただ時間帯によっては品切れになっている場合もあるので注意が必要だ。

この日はセビッチェ(魚のマリネ)とチキンタジャリン(パスタ)を注文。

 

ローカルレストランのフード
ドリンクまでついて7ソル(約230円)とかなり安く、ボリュームも満天だ。

少食な私達には二人でシェアして丁度量だった。

ローカルレストランのセビッチェ
セビッチェもなかなかの量だ。

ただ前回訪問した一皿20ソルする店に比べれば味は雲泥の差だ。

【関連記事】ペルー料理を満喫してからのHuaca Pucllana(ワカプクジャーナ)遺跡

 

ギネス公認!噴水公園

世界最大の複合噴水施設としてギネスに登録されているレセルバ公園がリマにはある。

入場料は4ソル(約130円)とギネス公認な割にはかなり安い。

入り口からしばらくは植物公園のような感じであんまりパッとしない。

しかし、しばらく歩くと超巨大な噴水が目の前で水を噴き上げている。

 

噴水
妻にはここの情報を一切与えず、さらにコンビニに行くと言って連れ出していたので大はしゃぎだった。

やっぱりサプライズは嬉しい。

 

噴水2
カラフルな噴水もあり、照明により一定時間で色が変わる。

ずっと見ていれも飽きないが噴水公園の敷地内には数多くの噴水があり、かなりの大きさがあるので写真を数枚撮って移動する。

 
子供が入れる噴水
子供だけが入れる参加型噴水もあった。

入り口部分に注意書きがあり11歳以下しか入場できない。

羨ましがって中を見ていると噴水が止まっている間に一人の子供がある場所で立ち止まる。

他の子供は友達と一緒にキャッキャワイワイしているのにその子だけ一人ぼっちだ。

「隠キャなのか?」とその子を見ていると、水が勢いよく噴き出した。

 

おい、子供
天才かよ・・・

その才能に嫉妬しながら歩いていると今度は全年齢対象の参加型噴水を見つける。

 

大人が入れる噴水
妻の許しを得て、中に飛び込もうとするがよく考えたら着替えのパンツが無い事に気が付く。

今回の旅にはジーンズとパジャマ用のパンツしか持ってきていなかった。

最悪パジャマ用のパンツで数日過ごすのもアリだが、それは最悪の場合でわざわざ自らその選択を選ぶ必要はない。

じゃあジーンズが濡れないようにセーブして噴水の中に飛び込むか。

いや、そんな中途半端な覚悟では噴水に失礼だし、私自身も心底楽しむことはできない。

よし、諦めよう!

 

ライトアップされた噴水

そんな葛藤をしていると辺りはすっかり暗くなっており、噴水もライトアップされていた。

実はこのレセルバ公園1日3回噴水ショーが行われている。

その前までに全ての噴水を見ておきたい。

噴水ショーのことは妻には内緒だ。

バレないように、それでも急ぎながら全ての噴水を見て回る。

噴水のトンネル
噴水のトンネル。

中を歩く事ができる。

トンネルの入り口では多くの人が撮影している為、出口付近で撮影すると逆光にはなるがトンネルを独り占め出来る。

 

ピラミッド噴水
ピラミッド型の噴水。

噴水というものは自由に噴かせる事で水の散らばりを楽しむものだと思っていたが、逆に形作る事によって束縛感の中の自由を表現する事が可能だ。

と深読みして楽しんだ。

 

レインボー噴水
レインボー。

色々な噴水
レインボーアンドミックス。

変な噴水
レインボーアンドクロス。

それぞれ説明するまでもなく綺麗だ。

こうして足早に回ってなんとか噴水ショーの開始直前に全てを見終える事ができた。

そうして中央の噴水に向かうとすでに多くの人だかりが出来ている。

「なんでこんなに人集まってるんだろうね?」

そんなとぼけた事を言いながら野次馬のようにその人混みに紛れてショーの開催を待つ。

開催時間の数分前、目の前の噴水にショーが開催されると文字が浮かび上がった。

サプライズ失敗。

 

ショーはプロジェクションマッピングと噴水を掛け合わしたものでなかなか見応えがあった。

本気で噴水と戯れたい人は濡れてもいい格好で行くか、水着を下に履いて行くといいだろう。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で