フィリピン留学 恋愛編(恋人の作り方)

フィリピン留学 恋愛編(恋人の作り方)

BAN(@banlife19)です。

フィリピン留学の恋愛。

 

デート in セブ 2015年5月

昼からのデート。

デートプランを考えたが土地勘が無いので相手に聞く事にした。

俺『ここはどう?』
相手「その日は休みだよ」
俺『どこか行きたい所ある?』
相手「うーん、特には。なんで?」
俺『今プラン考えてるんだ』
相手「でもあなたプラン嫌いだよね?」
俺『うん』
相手「ノープランで行きましょう!」
俺『君のその考え方好きだよ』
相手「実際あなたの考えなんだけどね」

という事で最初に行くシーフードレストランだけ調べて後はノリで決める事に。

「Isla Sugbu Seafood City」というそこそこ有名なシーフードレストランへ。

魚貝類が水槽に入って陳列されており、その場で調理して提供してくれる。調理方法や味付けも決められる。

全然分からなかったので全ておまかせにした。

注文から提供までは40分くらい。

その間にたわいもない日常会話をする。

食後は次の場所決め。

モールに行ってスポーツでもしようかと思っていたが、相手が混んでるのは嫌いとの事で別のプランを。

相手も事前に調べてたらしくカフェを提案されたので、GoogleMAPで場所を検索。

GoogleMAPの使い方を知らないらしく現在地を目的地だと思い、

「わ、めっちゃ近いじゃん!」と、はしゃぐ。

『これは現在地の矢印だから実際はそんなに近くないよ』と言うも、

実際めっちゃ近い場所にあり徒歩移動で約2分。

半個室のメイドカフェ「Tiara’s Cafe」に移動。

カフェスタッフはメイド服。店内には色々なコスチュームがあり試着出来る。

試着を勧めると「汚いからヤダ」と断られる。

ここでは家族の話しとか神様の話しとか。

神様の話しも一息ついたので【トップヒル】という場所に行こうと提案。

タクシー送迎+1時間半待ってもらい1,000ペソ。

星空見えるは、パノラマビューで夜景広がってるわで半端ない。

ガッツリ観光名所になっているので人が多くてうるさいけどそれを加味してもとてもいい場所。

頂上でお酒売ってたり、トイレもある。

あとは小さな鐘もある。

最後はいつも行くBAR「Figola」へ。

「hamikaze」というお酒をピッチャーで注文して、2時頃まで喋っていた。

少し申し訳なくって『時間割いてもらってありがとう』とお礼を言ったら、「ううん、私は正直だから飽きたり予定があるなら帰るよ」と言ってくれて救われる。

英語の能力も必要だけど、その先にある言葉の裏の意味を読み取れる様になりたい。

やっぱりデートは楽しい。

 

フィリピンで恋に落ちる 2015年5月

世界一周中に彼女なんかいらないと思っていたのに恋に落ちた。

先々週食事に行ってから週に2回程のペースで会う様になり、7回目のデートで告白。

事前に海外の告白方法を確認。

yahoo知恵袋には欧米人は告白しないと書いてあったので、フィリピンスタイルを先生に確認した所しっかり告白するとの事だ。

“Can you be my girl friend?(私の彼女になってくれませんか?)” が通常の文言だという。

ただ多くの場合、”WHY?”と必ず言われるらしく、”WHY?”対策を練る。

その内容次第では数日考えさせてくれと言われる事もあるらしい。

そんなこんなで準備はばっちり。午後の授業をサボって、いざデートへ。

今日はビデオハウスと言うDVDレンタルと視聴がいっぺんに出来る場所へ行く。

1本350ペソで楽しめ、色々なDVDが置いてある。るろうに剣心とか韓国ムービーもある。

彼女がチョイスしたのはホラー。

スナック食べながら【着信あり】の海外リメイクを鑑賞。

全て英語で字幕も英語だけど日本版とほぼ同じストーリーだったので、ざっくり把握。

たまに、すっげーイージーな単語を「これ分かる?」と聞いてくる姿が超可愛い。

そんなこんなで鑑賞終了後にカフェへ。

カフェではいつも通りのトークを繰り広げながら、話をコントロール。

そしてついに告白する事にした。

 

“Can you will be my girl friend?”

 

緊張からか思いっきり間違え、CANとWILLは一緒にはならないよと言われる。

 

 

 

 

 

その、結果・・・

 

 

 

 

 

返事はなし。

理由としては、国籍が違う事。

世界一周に行く事。

日本人はすぐ冷めるから印象がある事。

上記の様な理由でしっかりした返事はもらえなかった。

ただその後に”I like you”と言ってたら”I like you too”と返される。

「どうして好きになってくれたの?」と聞くと、「凄く気遣ってくれるから」と言われた。

世界共通で気遣いが出来てコミュニケーション能力がある男はモテる。

実際は日本人ってアドバンテージもあるだろうけど。

しっかりとした返事はもらえなかったが、以前よりも更に深い関係になれた。

恋っていいもんですね。

 

恋に落ちた経緯 2015年5月

【私サイド】
・過去にオンラインで認識
→綺麗な人だな。でも全然笑ってくれない。教え方上手。(何度か受講
・こっちに来て目が合うも反応無し(他の先生は積極的に話しかけてくるしめっちゃ反応する
→忘れちゃったのかな。それとも疲れてるのかな。
・1ヶ月以上経過してから自分から話しかける。
→どうもお世話になっています程度の雑談。
・2ヶ月目くらいに「いつまでいるの?」と聞かれ食事に誘う。(すでに色んな先生と食事経験有り
→1週間後に食事に行く事になる。
・予定日の前々日に他の先生も同席していいかと聞かれる
→当然良いよと答える。
・最初の食事、他の先生1時間遅刻。その後3人で食事して解散。
→楽しんだが、英語能力が乏しく時々ついて行けなくなるので、1:1の方が良いなと思う。
・翌日、昨日のお礼と雑談。その日の夜食事に誘う。
→仕事終わりに食事。
・たまにメールする仲になる。前回の翌々日にお酒に誘う。
→仕事終わりにお酒。
・ほぼ毎日メールするようになる。翌日再度お酒に誘う。
→夜は時間が短いから今度の休みに食事に出かけようと言われる。
・次の休みにデートに出かける。
→最初のシーフードレストランの会計は彼女が出すと言っていたけど、
トイレに言っている間に支払う。
私が出すって言ったのにと怒られる。そこそこな額だったのに出す気だったらしい。
その後はカフェで数時間ダラダラ雑談してから夜景。そして定食屋からのBAR。

好きになる。

・”I wish I had a lot of free time”ってメッセージ来て、あれこれ俺誘い過ぎてるから、本当はもっと自分の自由な時間が欲しいって言ってるのか?これ遠回しにフラれてる?
と色々考えて凹む。ちなみに上記メッセージに俺がした返答は”I understand”のみ
→翌日調べたら全然違う意味だった事に気付く。むしろポジティブだった。

「私はもっと自由な時間が欲しいわ(そうしたらもっとあなたと会えるのに)」って感じ。
全力で謝る。ヘタクソな英語で勘違いしてた事と、俺が素っ気ない返事した事を謝る。
・そしてまた飲みに誘う。
→今日は1時間だけと言われるが、1時間後に帰ろうとしたら20分延長と言われる。
・彼女の休み時間に連絡が来るようになる。翌々日また飲みに誘う。
→体調が悪いので、明日遊びましょうと言われる。
・次の日授業をサボってデート。
→DVDハウスでホラー映画を見る。彼女がクッション固いと言うので、
俺の上に乗ったら良いよと誘う。実際に乗られてクッションより固いと言われる。
なんか流れでキス。情熱的。告白したかったのにキスが先になってしまう。でも反応はポジティブ。
その後カフェに移動して改めて告白。返答はなし。
世界一周が終わってまだ好きなら言ってと言われる。でも俺は真剣だよと伝える。
何度かキスを重ね「もう答えなんか必要なくない?」と言われる。

 

【彼女サイド】
・他の先生の授業時にモニター越しに見た。
→好みのタイプだ。
・その後自分のクラスで担当
→全然英語喋れないし聞けない。ジョーク言っても気付かない。ダメだこいつ。
・オフラインで会う。
→特になし。
・食事に誘われる。
→何とも思わない
・最初の食事。
→何とも思わない
・二度目の食事。
→何とも思わない
・三度目の食事。(飲み)
→あれ?この人優しいかも。ちょっと好きかも。

 

ざっくりまとめるとこんな感じだ。

彼女も最近は職場と家の往復で丁度暇しており、3ヶ月前まで彼氏いたそうなので本当にドンピシャのタイミングだった。

英語の能力も乏しくてまだ彼女の言ってる事、3割くらいしか理解出来ないが、近い将来彼女の言葉が全て理解出来る様になって、その言葉の真意まで読み取れる様になりたい。

初の海外長期滞在で恋して、異国の友達いっぱい出来て最高に楽しい。

いつ死んでも後悔しない生き方をしたいと思う。

 

恋愛 in セブ 2015年6月

タイトルの通り、セブで恋愛中。形式上はお付き合いしているが、一応非公認カップル。

どこに対して非公認かは分からないが、非公認。

これから世界一周に3年程行こうと思っていたので恋をするつもりはなかった。

でも仕方ない。恋はするもんじゃなくて落ちるもんだから。

そりゃあもう見事に落ちた。

めっちゃ美人で可愛いが、好きになった人はみんな美人で可愛いと思ってしまうので本当は違うかもしれない。

たまにゴリラに似てる。

『ゴリラに似てるね♡』と言うと「あなたはチンパンジーに似てるわね♡」と言われる。

最近はフィリピン人の優しさと素直さに驚愕している。

ちょっと前に喧嘩して『もし君が将来を真剣に考えてなかったら今すぐ関係を辞めよう』と伝えたら

「将来なんてわからないし約束出来ない、それにあなたは世界一周って夢があるじゃない」と返され、確実に相手の方が正論だなと思った。

きっと日本人ならノリで「将来一緒になりたいと思ってるよ」とか、「それならあなたは世界一周辞めてよ」とか言うだろうに、もう完璧すぎる答えで、
グーの音も出ませんでしたよ。

参りました。

きっとこの先浮気もするだろうけど、それでもきっと僕は彼女の事がずっと好きなままだろう。

『3年待ってくれ!』なんてドラマみたいなセリフを言うつもりはない。

『もし私の旅行中に彼女に好きな人が出来てしまったら、素直に自分の意志に従ってください』と旅立つ前に伝えるつもりだ。

無事に帰って来れてまだ好きでいてくれたら、結婚を視野に入れた交際を始める予定。

勝手に思ってるだけだけどね。

 

口説いた方法と、フィリピン人って日本人の比較について。

【口説き方】
今回は変化球無しで直球でいった。
変化球で何となく好きになってもらう事は簡単だけど、今回の恋は何か違うと思ったから素直に告白した。
てんやわんやあったが、無事非公式カップルになれた。
正式なカップルになれる日は多分一ヶ月先。
もちろん告白する前には何回かデートして色々な事を話した。
自分の人生観とか、世界一周する事とか、何がしたくて、何が好きで、
将来こうなりたいとか、夢とか希望とか。お互いの話をした。
他には優しくしてくれた事に対して礼を言ったり、逆に優しさ返ししたり。
結果こっちが好きになる前にあっちが好きになってくれていたようだ。

 

【日本人との差】
やっぱり積極的なのは間違いない。あとちゃんと口に出してくれるから基本楽。
もちろん国籍の差ではなく、個人差になってしまう所はあるかもしれないけど、
それでも過去に付き合った日本人と比べるとはっきりと自分の意見を持っていて主張してくれる。
若い頃の私だったら『主張し過ぎやろ!』とキレていたかもしれない。
大人になった私の器は相当広い。全然動じない。
あと、たまに照れ隠してつねってくる。なんかフィリピン人の文化っぽい。
もちろんつねらない人も居るだろうけど、色んなカップル見てると結構な確立でつねられてる。
『つねるのは良くないから、今後つねりたくなったらキスしてね』と言ったら、”you are crazy(狂ってるね)”と返された。
誘った人が御馳走するのが常識らしい。
フィリピン人の多くがその時その時を刹那的に楽しんでる。
けど彼女は逆で保守派だと言ってるが、ぶっちゃけ彼女も刹那的な部分はある。

 

恋人の作り方 2015年6月

確実に自分の独断と偏見なので、間違ってたらすみません。

ただ私はこうやって今まで恋人を作ってきた。

・会話の糸口を見つける。
出会って好きになった後は、簡単な話から会話の糸口を見つける。
趣味はあるのか、目標や夢はあるか、何が好きで何が嫌いなのか、短い会話で要点を上手く聞き出す。

・誘う。
チャットや電話など、たわいのない会話で盛り上げる。魅力的な人間である事をアピール。
事前に入手した情報を元に興味のありそうな事に誘ってみる。
食いついてきたら、ざっくりした予定を聞く。(来週とか暇な日ある?)
忙しいと言われたら期間を延ばしてみる。それでもダメなら他の話題へ。
強引に誘ったり、簡単に諦めたりするのはちょっと違うと思う。
冗談混じりのちょっとした強引さは大事。でも相手の反応次第では即話題転換で。

・相手の話を集中して聞く。
無事にお誘い出来たら、相手の話にフォーカス。もちろん話題を盛り上げるのは大事だけど、
自分の話ばっかりする人と、自分の話を聞いてくれる人なら後者の方が好感度が高いはず。
てか本当に好きなら気になって色々質問が出ると思う。
もし質問思いつかなければ、そんなに好きじゃないんだよ。きっと。
その状況もしっかり楽しむ。自分が思ってる以上に自分の感情は相手に伝わる。
※多くの男性はここが凄く弱いと思う。自分の話ばかりで相手の話を聞くのが苦手。

・恋人がいるか確認。
誘う時でもいいけど、出来れば一緒に遊んで自分の気持確かめてからでも良いと思う。
一緒に遊んでそんなに楽しくなかったらそれまで、楽しかったらもっと深い関係を希望するでしょ。
で、もし仮に恋人居ても気にしなくていいと思う。だって魅力的で恋人居ない子の方が稀だから。
恋人を大事に思っている人には「恋人とかいいよねー」と言ってサッと引くのも大事。
でも、恋人に対して不満がある子であれば諦めなくても良いと思う。そして大体の人が恋人に不満がある。
そして恋人を貶めるのではなく、自分がどれだけ優れているかアピールする。
他人を貶める人は大抵自分に自信が無いか、性格ひねくれてるかどっちか。
私がたまに他人を貶めるのは、性格がひねくれてるから。ごめんなさい。

・焦るな。でも急ごう。
1度目のデートで相手の事なんて全部分からないし、こっちの事も分かってもらえない。
でもちゃんと距離を縮めていい関係を持続させる。
そしてちゃんとこっちはあなたに好意があるんだよと冗談混じりにアピールする。
きっとダメなら距離を置かれるか、はっきり断られる。
ダメだったら自己反省して次へ。
ポジティブな反応なら付き合える可能性は高い。
私の場合は3~5回のデートで付き合うか付き合わないか決めていた。
キラーワードは『明日死んじゃうかもしれないんだよ』

・相手が喜ぶ事だけに集中。
魚心あれば水心という言葉がある様に、好意には大抵好意で応えてくれる。
条件としてちゃんと男としてみられているという事が大事。
中には自然体で付き合いたいって人がいるけど、それも別に良いと思う。
その人はその人なりのきっとノウハウがあるだろうから何もいえないけど、
私の場合はやっぱり何事にも努力は必要だと思う。仕事でも、恋愛でも、家庭でも。
そんな事言ってっから、その年で独身なんだよ!って突っ込みは無しでおなしゃす。

・意外に知られていない、告白されたら付き合っても良いと思ってる人の多さ。
昔女友達や彼女に、ちょっとでも気がある人から告白されたら付き合うかと質問してみた。
すると大抵の人がYESと返答した。7割くらい。
でも冷静に判断して7割だから、きっとその場の雰囲気次第でその確立は9割近くになるんじゃないだろうか。
あとはトーク力と演出力と人間力。コミュニケーション能力も大事。

 

ざっくりした感じだけど、こんな感じで私は恋愛生活を充実してました。

もし本当に好きな人が出来たら、考えすぎる恋もたまには楽しいと思います。

世界が愛で溢れます様に。

2019年6月26日追記。
結局フィリピン人の彼女とは別れ、ベネズエラ人と結婚した。
ただ今でも彼女とはいい友達だと私は思っている。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で