【難民ハネムーン】コロンビアに滞在すべきか、エクアドルに行くべきか【序章】

【難民ハネムーン】コロンビアに滞在すべきか、エクアドルに行くべきか【序章】

BAN(@banlife19)です。

ベネズエラで入籍と結婚式をして、その後ハネムーンで日本に行きました。

約3ヶ月間で東京、大阪、京都、静岡とそこそこ日本を満喫。

そしてベネズエラに帰ろうとすると治安が以前よりも悪化しているという噂を耳にします。

このままベネズエラに戻るのは危険だと思い、隣国のコロンビアでしばらく様子を見る事に。

2週間が経過して「明日にでも荷物だけでも取りに戻ろうか」と話していると、その日のニュースでベネズエラの大統領が2人になった事を知ります。

「これは、しばらく帰れないぞ」

こうしてベネズエラへの帰国タイミングをコロンビアで待つ事に。

ククタという街

観光目的であれば日本人はビザ無しでコロンビアに3ヶ月滞在する事ができる。

そしてコロンビアに入国してから3ヶ月が経とうとしてた頃、私たちはククタという街にいた。

ククタはコロンビアとベネズエラの国境の街だ。

しかし数ヶ月間に国境付近でいざこざがあり、コロンビアとベネズエラの陸路は封鎖されていた。

私たちがはベネズエラに行く為ではなく、ベネズエラから来る友人に会う為にククタにいた。

ベネズエラではここ数週間長時間の停電が続いている。

その影響は当然ベネズエラに住む友人の生活に大打撃を与えていた。

「まともな生活も送れない」そんなメッセージを以前送ってきた。

今回友人がククタに来た理由は停電対策として発電機を買いに来たのだ。

数ヶ月ぶりに会う友人は確実に疲弊していた。

しかしククタという街で多少の元気を取り戻り、ストレスを発散するかの様に服を買いあさっていた。

 

2つの選択肢

友人との再開という目的を果たし、私たちはメデジンに帰ってきた。

そして私たちは帰路に立たされていた。

妻のパスポートの有効期限があと1ヶ月ほどで切れてしまう。

ベネズエラは資源不足でパスポートの再発行は一年待ちとありえない状況だ。

賄賂5000ドルを払えば短期間で手に入れる事ができるという噂もあるが定かではない。

緊急措置として期限切れのパスポートでも二年間の延長手続きが行えるようになった。

それは他国のベネズエラ大使館でも同等の手続きが可能だ。

しかしコロンビアはベネズエラと国交断絶しており、コロンビアのベネズエラ大使館は機能していない。

つまりコロンビアではパスポートの延長手続きが行えない。

現在可能な選択肢は2つ。

「コロンビアにこ滞在して状況が改善されるのを期待する」「エクアドルに一時移動してパスポートの延長手続きをする」か。

コロンビアは観光目的の入国でも一年間で最長180日間滞在できる。

入国すると90日間のビザがもらえ、イミグレで手続きをすればさらに90日間の延長が可能だ。

ベネズエラ人の場合は南米であればパスポートの有効期限が切れていても入国ができる。

ただし南米以外の国はダメだ。

このままだと妻は南米以外の国に移動する事ができない。

コロンビアに留まるべきか、エクアドルに移動するべきか。

そんな事を考えていたら滞在可能日数が残り4日になっていた。

 

コロンビアのビザ延長

妻と話し合い「ひとまず延長させて再度考えよう」という結論に至り、メデジンのイミグレにビザの延長申請に行く。

以前は簡単に出来たらしいが、ベネズエラ人が大量に入ってきたからか担当が変わったからか必要な書類が増えていた。

ビザ延長の為には90日以内の国外への航空券か、国境へのバスのチケットの提示を求められる。

現状では、いつどこに行くかすら決まっていないので航空券もバスのチケットを買う事も出来ない。

一応ダミーチケットを印刷して再度挑戦するが、ダミーチケットが日本語のためまともに取り扱ってくれない。

こうしてコロンビアのビザ延長を諦めてエクアドルに行く事にした。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で