【難民ハネムーン】旅のはじまりはいつも突然に

【難民ハネムーン】旅のはじまりはいつも突然に

BAN(@banlife19)です。

コロンビアに滞在するのが難しいと判断したのでエクアドルに移動する事にしました。

しばらくエクアドルに滞在してコロンビアに戻る作戦です。

ただそのエクアドル滞在に思わぬ落とし穴がある事も気付かずに。

 

ビザの期限

半年ほどエクアドルで過ごしコロンビアに戻ってくれば良い。

お世話になっているカオリさんの家に荷物を置かせてもらいエクアドルに移動する事にした。

メデジンからはエクアドルとの国境の街イピアレスまでの直通バスが出ている。

翌日の昼過ぎにバスターミナルに行くと、本日のイピアレス行きのバスは満席だと言われた。

コロンビアに滞在出来る期限は残り3日、メデジンからイピアレスまではバスで18時間。

明日のイピアレス行きも満室だと言われた瞬間に別の移動手段を考えなければいけない。

ドキドキしながら明日のチケットを確認すると、昼のバスなら空席があると言われ胸を撫で下ろした。

 

エクアドルへ移動

メデジンを昼に出発したバスは翌朝の8時イピアレスに到着した。

そして乗合タクシーに乗り込み、コロンビアとエクアドルの国境に移動する。

まずはコロンビアの出国スタンプだ。

ベネズエラ人と他の国民が別レーンに分かれていたが、両レーンともそれほど混んでいない。

数分で手続きが終わり、エクアドル側に移動。

エクアドル側は少し混んでいたがそれでも30分くらいで入国手続きが完了。

妻はパスポートの残日数が6ヶ月ないのでベネズエラのIDを提示して別の用紙に入国スタンプを押された。

妻の入国スタンプと私の入国スタンプを見比べているとある事実に気付く。

「滞在日数が違う」

妻は180日、私は90日。コロンビアに戻るのは約半年後なので90日の滞在では足りない。

エクアドルで延長手続きをするか、ペルーへビザランするか考えていたが念の為イミグレの職員に確認した。

「日本人は年間90日しかエクアドルに滞在できないよ」

なんとも絶望的な答えが返ってきた。

 

難民ハネムーン

エクアドルに滞在するプランは不可能だった。

サンタプロジェクトの兼ね合いからコロンビアには12月末まで滞在したい。

そう考えると早くても10月以降に入国する必要があり、今からだと160日以上はある。

エクアドルに90日しか滞在できないのであれば、残り70日は別の国に移動しなければならない。

エクアドルとペルーを行き来する方法も思い付いたが、なんだか無性にめんどくさくなってきた。

もういっその事、旅をしてしまったらどうだろうか。

そんな逆転の発想が頭をよぎる。

前回の世界一周では南米をあまり堪能していなかったし、ちょうど良い機会かもしれない。

なんならエクアドルでパスポート延長できたら世界一周するのもありかもしれない。

段々と旅をするのが現実的になってきた。

しかし今回は妻と一緒なので一人で物事は決められない。

妻にこう尋ねる。

「ハネムーンを延長する?」

すると目をキラキラ輝かせながら「イエス」と返事をされた。

ベネズエラに入国できずに難民化して、エクアドルに滞在できずハネムーンをはじめる。

こうして、難民ハネムーンが始まった。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で