コロンビアのボゴタからすぐにいけるシパキラの塩の教会

コロンビアのボゴタからすぐにいけるシパキラの塩の教会

ボゴタからバスで1時間ちょっとの所にシパキラという小さな町がある。

そこの塩の教会という有名な観光名所に行ってきた。

元々は塩鉱山だったが何を思ったのかそこを教会にしてしまったという。

 

塩の教会入り口
受付でチケットを購入した後に列に並ぶ。

そこそこ人が並んでいる。

 

塩の教会内部
内部には14の十字架が飾られており、イエス・キリストのヴィア・ドロローサ(苦難の道)を表現している。

 

塩の教会撮影場所
いくつかの撮影スポットもあるが中でも特にお気に入りなのがこの場所。

大聖堂を見渡せる場所だ。

 

塩の教会180m地下
地下180mには3Dシアターやお土産屋、南京錠をする場所がある。

 

塩の教会鍵
しっかりと恋のロックをしてきました。

 

塩の教会外
外には巨大な労働者の像があった。

昔はこの様に手作業で掘っていたのだろう。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で