コロンビア(ボゴタ)と日本のタクシー料金の確認方法が違っていて戸惑う

コロンビア(ボゴタ)と日本のタクシー料金の確認方法が違っていて戸惑う

面倒な事は金で解決。BAN(@banlife19)です。

コストパフォーマンスは費用対効果という意味ですが、
私は値段以外にも労力や時間も含んで考えます。

なのでコスパが良い、悪いの判断は
費やした時間や労力や金銭に対して
どれだけの成果や恩恵が受けられるかで
考えるのが正しいのだと思います。

 

移動方法

長距離移動に関しては飛行機からバスに変えた。

しかし短距離移動に関しては基本タクシーを使う。

理由としてはスペイン語がわからないから。

更に調べるのが面倒だから。

そして歩くのは嫌だからだ。

コロンビアのタクシーは30分程度の距離でも千円以内、
バスの運賃が数十円だとしてもその差は数百円だ。

わざわざ調べて更にバスを乗り換えてとかするなら
目的地を伝えてそのまま連れていってもらった方が楽だ。

 

タクシーのメーター

コロンビア(ボゴタ)のタクシーは
中央ミラーの右側に数字が出ている。

当初はその数字に1,000を掛けた額を支払っていた。

しかし何回目かのタクシーで値段が違うと言われた。

『メーター通りでしょ?』と突っぱねると料金表を見せてきて、
「ここにこう書いてあるからもっと貰わないと割に合わない」的な事を言われる。

その際は空港に行ったので、
空港の場合は追加料金を請求されるらしい。

行きも帰りもメーター分以上の料金を請求された。

そしてその際にメーターに出ている数字=料金ではないと言う事に気付く。

 

タクシーの料金表

コロンビアのタクシー料金表
助手席のシートにかかっているボードに数字と料金が書かれている。

タクシーによっては後部座席側ではなく助手席側にボードがかかっている場合があったり、
ボードがかかっていない場合があるが、
親切な運転手の場合は何も言わずにメーターと料金を照合してくれる。

騙そうとする運転手の場合はこちらの出方をうかがう。

 

コロンビアのタクシーメーター
上の写真でメーターは【173】と表示しているが、
この場合は13,500ペソ払えばいい。

これも実際数百円の差だが納得して払うお金と騙されて払うお金ではその意味が違う。

しかし、この考え方も人それぞれなので
ツーリスト価格でいいやと思う人はメーターに1,000掛けて払えばいいし、
本当に節約したい人はバス移動が良いだろう。

 

次回、コロンビアのメイド喫茶でウハウハする。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で