ベネズエラ人との国際結婚を考える

ベネズエラ人との国際結婚を考える

そろそろ結婚をしようかと思っている。

今のままだと1年間のうち半年間しかベネズエラに在住する事が出来ないからだ。

ただ手続きを調べると面倒でやる気がなくなる。

国際結婚の場合、基本的に両国で婚姻届を出さないと行けないらしく、その時になんやかんやと必要書類があるらしい。

 

BAN
ふぁーふぁー。めんどくさい。

 

自分が必要書類を持ってベネズエラに行く事は比較的簡単だけど、彼女を日本に連れてくるのが面倒。

必要書類に不備があったら結婚出来ない訳だし。

実は日本で役所まで行って戸籍謄本持ってないから入籍出来なかった事がある。

ちなみにその後に喧嘩してパチンコ屋逃げ込み時間つぶして気持ち落ち着かせて景品の化粧品持って帰らずに戻ったら破局した。

私は基本的に結婚を前提に付き合うので今回のお付き合いも結婚を視野に入れている。

旅の恋をゲームとして考えてる人は嫌いだ。

 

BAN
だったら付き合うな!

 

と言いたい。

セフレとか否定しないし、ワンナイトラブも良い、

でも付き合うとか言いながらも「でも国籍違うし現実的じゃない」「旅行中の恋愛なんて遊びみたいなもんでしょ」とかほざいてるバカ共は死んで欲しいと切に願う。

ちゃんと恋愛する気がないなら、男らしく正々堂々と『え?俺付き合うつもり無いよ』と言ってあげて。
「向こうも分かってるはずだから」とかは甘え。

閑話休題。

で、お互い「今すぐ結婚してもいいよ」という意思はあるものの彼女もまだ大学生で私も旅を続ける気満々なのでひとまず2年後を目処に結婚しようという話になった。

彼女が大学を卒業して、私が旅を終えてから結婚してどこかの国に住むのが今の現実的な夢だ。

そして仕事したくない事も伝えてあるので私は主夫になる。

主夫になって子育てと家事に集中する日々。

悪くない。

2016/11/12



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で