ふたり旅をしてみて感じた、ふたり旅のメリットとデメリット

ふたり旅をしてみて感じた、ふたり旅のメリットとデメリット

人付き合いが苦手。BAN(@banlife19)です。

キューバに入ってふたり旅が始まった。

可愛い女の子とのふたり旅だ。

楽しくない訳が無い。

しかし何かがおかしい。

気持ちが全然踊らない。

塩対応されている訳でもない、
女の子の性格が悪い訳でもない。

冷静にふたり旅のメリット・デメリットを考えてみた。

 

ふたり旅のメリット

安全面

ひとりで旅をするよりも危険度が下がる。

トイレなど少し場所を離れたいとき、
もう一人に荷物をチェックしてもらうこともできる。

他の人が絡んで来にくくなることで、
そもそもの危険因子が取り除かれることもあるだろう。

一人よりも二人、二人よりも三人と
数が増えれば増えるほど安全度あいは増すと考える。

安心感

確認や相談をすぐにすることができる。

行き先、行き方、チケットの予約など
すぐに話ができる人が近くにいるのは大きい。

最悪失敗したとしても二人なら、
それすらも楽しむことが可能だ。

共有

楽しい出来事、美しい景色などを共有できる。

共有することによってより楽しくなったり、
より美しく感じることもできる。

他の人の意見も聞けるので、
考えの幅も広がり新しい世界が開ける。

寂しくない

孤独を感じない。

日本人宿に泊まる理由の一つに
孤独感がいやだからという考え方もあるだろう。

異国の地では肌の色や顔の形、体つきや足の長さ、
全てが違う人種に囲まれる。

自分のアイディンティティーが崩壊しそうになる。

そんな時に日本人がそばにいると
自分はひとりではないと安心することができる。

 

ふたり旅のデメリット

自由度が少ない

急に予定を変更することができない。

思いつきの行動もできない。

嫌だからと投げ出すことも、
思っていたのと違うと引き返すことも。

二人で予定を立てる必要がある。

窮屈さ

本来の自分の意見を押し殺してしまう。

冒険をすることができない。

意見が擦り合わない時は、
どちらかが妥協する必要がある。

日本の常識を振りかざされる。

自分のペースで行動できない。

気を使う

思考や行動が小さくなる。

相手の感情に合わせて
自分の感情を素直に表現できない。

空気を読んで行動するので楽しくない。

不機嫌になった時に
どんな対応をしていいか分からない。

旅のスタイルが違っても合わせる必要がある。

 

ふたり旅の感想

私はふたり旅をして、
私はひとり旅しかできない人種だと自覚した。

そもそもの旅の目的の一つに、
現地の人と積極的に絡むことがある。

二人でいるとそれだけで現地人と接触する機会が減る。

 

計画を立てるのも苦手だ。

先の予定が決まっているだけで
テンションが下がってしまう。

私はその日の予定をその日に決めたいタイプだ。

 

孤独を味わうのも嫌いじゃない。

いや、むしろ好きかもしれない。

孤独になればなるほど考えの深度が増す。

それにより新たな気づきが生まれる。

 

ひとり旅への決意

一緒に旅をした女性は、
とても可愛く、性格も良く、文句の付けようがない子だった。

それでも私は途中で別々に旅することを選んだ。

完璧に私の問題だ。

可愛い女の子と旅ができるとテンションが上がったが、
すぐにそれは違うということに気づいた。

私は『どこまでいけるのか』という興味の方が強かったようだ。

 

次回、トリニダのこと書く予定。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で