旅をする事で本当に人生観は変わるのか?

旅をする事で本当に人生観は変わるのか?

BAN(@banlife19)です。

「旅をすると人生観が変わる」

こんな安っぽいワードを聞いたことがあると思います。

旅をした事によってその考え方について少し理解することができました。

不自由を知る

不自由とは自由にならなくて困ること。

ただ大人になると不自由な経験は滅多にありません。

自分の事であれば大抵自由になります。

本当は不自由な事もありますが、それは別の言葉「ストレス」や「不満」に置き換えて表現します。

言葉の通じない海外に行くと不自由を身近に感じる事ができます。

レストランに行けばメニューが読めない。

ウェイターの質問が分からない。

そして頼めない。

せいぜいメニューを指差したりアルファベット読みするのが関の山。

そして何度も聞き返されます。

時にはメニューすら無い店で心が折れます。

金はある、店もある。なのにご飯を食べられないなんて日本では出来ない経験です。

食事をするだけなのにすでに不自由です。

 

◆自由を知る

自由とは他からの束縛を受けず、自分の思うままにふるまえること。

そして不自由を感じた後に日本に帰れば全てが自由だという事に気付きます。

社会生活をしていれば多少の不満はあるものの自分の力で解決出来る事の方が圧倒的に多い。

不自由を感じた分、以前よりも簡単に落とし所が見つかるでしょう。

意思表示が出来るだけで世界の見え方がガラリと変わります。

多くの人は自由です。

ただその自由に気付けていません。

 

◆まとめ

「旅をすれば人生観が変わる」ではなく「視野が広がる、元々持っていた事の大切さを知る」のだと思います。

価値や考え方は直接的に変わっておらず、相対的に変わったのです。

だから元から視野が広い人や今ある幸せを感じられる人は旅に出る必要なんてありません。

それをみんな一緒くたにして「旅に出ると人生豊かになるよ」とか言っている人は信用できません。

すでに私たちは自由を手に入れており、それを再認識するだけで人生はより豊かになります。

旅に出なくても今ある幸せを感じられるならそれでいいと思います。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で