この旅はじめての移動手段!ウユニからラパスへバスで移動

この旅はじめての移動手段!ウユニからラパスへバスで移動

挑戦好き。BAN(@banlife19)です。

新しい体験は好きだ。

今までの固定観念をぶち壊してくれるから。

新しい経験をする事で、
新しい概念が生まれる。

それを深く考える事で、
新しい気付きに出会える。

そうやって日々成長していくのだろう。

 

飛行機とバス

日本を発ってから都市や国の移動に関しては、
全て飛行機を使っていた。

ウユニ塩湖のホステルで日本人の方に、
「何でバス使わないんですか?」と聞かれてバスの存在に気付く。

多くの旅人はラパスからウユニまではバスで移動するらしい。

旅は飛行機でするものだという概念が吹き飛んだ。

ラパスへはバスで移動することにしよう。

 

ウユニでバスを探す

南米のバスの乗り方は分からない。

だが分からないことに対して挑戦することで
人は成長することができる。

ウユニのバスターミナルっぽい所に行くと、
「ラパスラパース」と叫んでいる人がいる。

叫んでいる人がいる近くのお店に入る。

バスは基本当日か前日に予約するらしく
数日先のバスに関しては全席空いている。

値段を確認すると、90bs(約1500円)だった。

近くにある他のお店でも聞いてみると、
100bs(約1700円)と言われる。

高い店でも飛行機の10分の1の値段だ。

この日は予約せず、
数日後に最初のお店へ行くと、80bs(約1300円)と言われる。

『(あれ?安いやん)80かぁ』と呟くと、
何故か70bs(約1200円)に値下げしてくれた。

 

はじめてのバス移動

チケットを購入した時、
「夜の8時に出発して朝の6時頃に到着よ」と言われていた。

ドキドキしながら夜行バスに乗り込む。

若い頃、東京と静岡間の高速バスを乗ったことがあるが、
それでも4時間もあれば到着した。

10時間のバス移動なんてしたことがない。

不安と興奮が入り混じる。

外の景色を眺めているといつの間にか眠ってしまった。

ラパスに着いたと言われて時計をみると
何故か朝の4時半だ。

予定よりも1時間半も早い。

厳しいと思っていたバス旅だが予想以上に快適だった。

きっとこの先も新しい経験を多くするだろうが、
常に楽しむ気持ちを忘れずに臨みたい。

 

次回、ラパスの街並みに心奪われるが高山病がキツイので一気にコロンビアへ。お楽しみに!



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で