【最低賃金アップ】3日後に最低賃金5900%上昇を決めたベネズエラで起きた事【ハイパーインフレ】

【最低賃金アップ】3日後に最低賃金5900%上昇を決めたベネズエラで起きた事【ハイパーインフレ】

カオス。BAN(@banlife19)です。

もともとカオスだったのが、
デノミデネーション直前で更にカオス感が増しました。

8月20日に5桁切り捨てて、
今までの10万を1に変更すると言っていました。

しかしその同日から
賃金5900%(59倍)を大統領が確約したからです。

しかも発表が3日前という傍若無人っぷり。

もともと狂っていた国が更に混乱する事態に陥りました。

 

賃金上昇に伴い多くの店が廃業

現在の最低月収が約300万ボリバル(約0.5ドル)。

これが8/20から1億8000万ボリバル(約30ドル)になります。

ちなみに現在の闇(実効)レートは1ドル600万ボリバル前後。

実際にはデノミで5桁削られるので、
変更後の通貨ボリバルソベラノ(BSS)で考えるとこんな感じです。

現在の最低月収が約30(約0.5ドル)、
変更後の最低賃金が1,800(約30ドル)。

1ドルの闇(実効)レートが60になる予定。

急激な賃金上昇に伴い多くの店は廃業を余儀なくされました。

「中小企業に関しては90日間、従業員の給料は保証する」
政府は言っていますが、
急なことで対応しきれないオーナーが続出。

私が泊まっているホテルも廃業するとの事で、
先払いしている日までに新しいホテルを見つけなければ
本気で宿無しになります。

 

多くの失業者

現状ですら生活がままならない人が多くいる中で、
失業者が大量に出るということは更に生活が窮困します。

犯罪をしたいしたくないに関わらず、
犯罪に手を染めないと生きていけない人が多数出てくるはずです。

警察が信用できない国で、
多くの生活窮困者が犯罪者になるという未来は安易に想像できます。

 

消費税も12%から16%へアップ

最低賃金上昇に伴いなぜか消費税もアップする事に決まりました。

どう言った試算なのか全く意味がわかりませんが、
デノミ後は消費財が12%から16%にアップします。

 

結局何がしたいのか分からない

数ヶ月前にケロッグがベネズエラから撤退しました。
それに伴い空いた工場はベネズエラが所有する事になったそうです。

今回の最低賃金アップは多くの企業を倒産に追い込み
その企業を国が奪うためかと一瞬思いましたが、
どうにも腑に落ちません。

だって最低賃金が上がって
経営困難になった会社を国が手に入れても
経営は上手くいくはずがありません。

なんなら従業員すらいない状態の
ただの箱を手に入れても意味がないのではないでしょうか。

 

そう考えると国民へのアピールだけの様な気もしてきました。

国民の生活を本当に心配しているから、
「最低賃金を約60倍上げるよ」というアピール。

結局それが自分たちの首を絞めている事に気づかないのでしょうか。

そこが60倍になれば、
結局は闇(実効)レートも60倍になるのは小学生でも理解できます。

何故公式レートと闇レートが約30倍隔離しているのか。

それは単純にこの国の通貨が世界的にも、
自国民にも信用されていないからです。

その根本的な問題に一切手をつけずに、
数字を誤魔化しても何の意味もないのです。

 

賃金上昇とは

日本にいる時から最低賃金上昇が
必ずしもいい事とは思っていませんでした。

耳触りは良く、多くの国民の支持を得るかもしれませんが、
実際にその賃金上昇分を負担するのも我々国民なのです。

賃金が上がる事によって
富裕層の富が再分配される訳ではなく、
単純に物やサービスのコストが上昇するだけなのです。

 

外的要因で問題を捉えると起こること

政治家を信用できないと多くの人が言っていますが、
頭の悪すぎる国民比率が高いままだと
日本は変わらないと思います。

責任を自分の外に置いている限り、
一生「他人の土俵で相撲を取り続ける」しかないのです。

 

今後の身の振り方

来年の中旬にベネズエラ脱出を考えていましたが、
今回の報道により時期が早まる可能性が出てきました。

遅くても年内、早ければ来月には南米の他の国に移動予定です。

幸いにもコロンビアに人脈があり、
そこに一時的に避難するも了承をいただいたので、
そこで一度腰を落ち着ける予定です。

8/20(月曜)以降の状況次第で、
色々と予定が変更されるかもしれませんが、
早めにベネズエラから国外退避したいと思います。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で