【疑惑の】ベネズエラへのクラウドファンディングが疑わしい件【クラファン 】

【疑惑の】ベネズエラへのクラウドファンディングが疑わしい件【クラファン 】

ベネズエラをエゴサ。BAN(@banlife19)です。

ベネズエラをエゴサしていると
様々な情報に触れることがあります。

中には誤った情報や、
切り取られた情報も見かけます。

そんな中でも
少し疑わしい内容を見つけました。

 

クラウドファンディング

ベネズエラのニュースや情報を調べていると
あるクラウドファンディングが目に留まった。

Ready forというクラウドファンディングサイトに
「ゴミではなくご飯を。ベネズエラの30万人に温かい食事を届けたい」という募集を見つける。

すでに募集期間は終わっていたが、
1,460,000円も集め見事に達成していた。

とても素晴らしい。

少し誇らしげにベネズエラ人の妻に自慢する。

すると彼女から思わぬ返答が帰って来た。

 

ケニア
この団体に募金したとか正気?

 

募金先

ベネズエラ人なら誰でも知っている宗教団体。

そこの代表はパナマペーパーに名前が載っていたり、
先日のベネズエラ大統領選挙に出馬したりと
あまりいい噂を聞かない団体だった。

※南米の大統領出馬はマネーロンダリングの為と一部では言われています。

 

イベントの詳細を確認すると、
2018年2月24日にベネズエラのカラカスという都市で
実施される予定だと書かれていたのでスペイン語で調べてもらう。

団体名から検索すると
2018年2月25日に公開された動画が見つかる。

場所はベネズエラのバレンシアという都市で開催されている。


La Esperanza camina por Venezuela – Mega Sopa Carabobo
全て見終わったが一切日本について触れられていない。

youtubeの詳細部分にも
日本から支援を受けた等の文言がない。

そして毎年同じような活動が行われている。


この動画は2017年6月11日に開催された内容だ。

果たしてクラウドファンディングのお金は正しく使われたのだろうか。

 

疑わしい内容

以前ツイッターでこの情報に関して詳しく知っている方を募集したが、
残念ながら見つけることができなかった。

正直疑っているだけで、
なんの確信もあるわけではない。

ただプロジェクトの概要に
「国外にもあなたのことを思っている人がいる」と書いてあるのに
動画の中でその国外について触れる場面が出てこない。

スポンサーが付いても触れない文化かと思い妻に確認すると、
資金援助やサポートを受けた場合は、
お礼の内容をイベント詳細の部分に書くのが通常だという。

 

7月1日に新着情報で動画と共にお礼の文章が掲載されていた。

「ゴミではなくご飯を」

その動画は上でも紹介している
2月25日に公開された動画に日本語の字幕がついているだけだった。

そして動画の3分36秒に衝撃のシーンが映っていた。


字幕にはこう書かれていた。

 


外国から支援をいただけてる
このような祝福 とても感謝です
今日 とても実感しています

これをベネズエラ人の妻に翻訳してもらうとこうなった。

今日はとても幸せ
まるで違う国にいるみたい
なぜなら今日は素敵なモノを見てるし聞いているから

 

本当のところはどうなのだろうか。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で