デモは意味があるのかベネズエラ人に尋ねてみた

デモは意味があるのかベネズエラ人に尋ねてみた

BAN(@banlife19)です。

デモって意味あるんでしょうか?

昔は効果的だったかもしれませんが現代ではデモをやる意味がわかりません。

大規模デモ

2017年4月24日(月曜)に私が住むメリダと言う街で大規模なデモがあった。

治安が悪いベネズエラだが、その中でもメリダは治安が良いとベネズエラ人や旅行者は口を揃えて言う。

そんな街で政府に対して不満の意思表示として道を塞ぎ、政府側の人間が襲うというデモが繰り広げられた。

政府側は武器やお金を政府から貰っており武装している。

反政府側は道を塞ぎながらと政府批判を声高に叫び、爆音の空砲を鳴らしている。

爆竹や陸上用ピストルとは比較にならない音の空砲だ。

その音(振動)で車の防犯ブザーが反応していた。

火炎瓶で道を燃やしている人もいる。

その結果、かなり治安が良いと言われているメリダで2人死んだ。

私が以前住んでいたアパートのすぐ近くで。

 

デモの効果

私は現代社会においてのデモ効果に対してかなり懐疑的だ。

デモには2つの目論みがあると思われる。

1つは武力による強制執行。

正確には革命と言うのかもしれないが、多くの革命は元々はデモでは無かったのだろうか。

数十年前ならいざ知らず現代社会で革命は成功しないだろう。

もし成功させたいのであれば潤沢な資本力と人脈が必要だ。

2つめは情報公開。

デモ(デモンストレーション)の本来の意味の通り、物事が現実であることを世に示す事だ。

これも数十年前はかなり有意義だったのかもしれない。

黙殺されている事実に対して市民が声をデモ活動をする。

しかしネットで情報が得られる現代においてなぜデモをする必要があるのだろうか。

人によっては「デモにより各国が支援をするようになった」と言っていた。

デモも一つの要因ではあるだろうが、要因としてはかなり小さいと思われる。

現代社会においてデモは費用対効果が割に合っていないのではないのだろうか。

 

デモは意味があるのか?

ベネズエラの友人に「デモに意味はあるか」と聞いてみた。

その友人はマルゲリータ出身の医大生。23歳男性。

友人の答えは「全く意味ないよ」だった。

理由は「社会は不平等で市民と国との間で武力の差があり過ぎるからデモによって解決しようとしても何にもならない」という答えだった。

これは1つめの理由だと言えよう。

「でもデモによって他国にアピールしたりとか、他国の支援を呼びかける事が出来るかもしれないよ」と反対意見を投げかけた。

「それはあるかもしれないけど、実際には2014年にも同じ様なデモが起こったけど3ヶ月で終焉して特に何の変化も無かった」

「デモに参加している多くの人は自身では何の努力もせず、考えずに流されているだけの人達が大半。国は頭悪いけど、デモを行っている人達も同じくらい頭が悪い」

とデモに対して批判的だった。

 

デモで命を投げ出す事

今回のデモは多くの都市で行われて数人が亡くなった。

一部では「デモしか手が無いからやっている」と言うが、手が無いから死ぬ可能性がある事をやる事が良いのだろうか。

私は決してそうは思わない。デモによって死んでしまったら意味が無いからだ。

もし私が同じ状況で生活に窮困していたとしても決してデモには参加しないだろう。

それは私がデモが何たるかを理解していないからかもしれないが、リターンに対してデメリットが大き過ぎる。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で