現地から報告!デノミから1ヶ月経過のベネズエラの現状はどうなのか?

現地から報告!デノミから1ヶ月経過のベネズエラの現状はどうなのか?

お世話になっております。BAN(@banlife19)です。

2018年8月20日にベネズエラではデノミが実施されました。

5桁の切り下げで100,000の表記が1になり紙幣を新たに発行されて大混乱。

とニュースでは報道されていましたが実際にはそれほど混乱していません。

そしてそのデノミから1ヶ月以上経過した今の状況をお伝えさせて頂きます。

 

インフレの状況

相変わらず凄い勢いでインフレが起きており、最近では午前とから午後にかけて値段が上がっているという事態も起きています。

ただし以前の様なボリバルの下落は少し落ち着いている状況なのである一定の金額まで上がったらインフレは止まることも考えられます。

外貨で考えると今の物価は2年前の水準に戻りつつあります。実際にデノミ前はありえないくらいの価格だったので今の方が適正だと思われます。

さらに給料も59倍に跳ね上がった事により少しだけですが人々の生活は楽になった様に思えます。

 

紙幣の状況

一部のニュースではデノミにより紙幣不足だと言われていましたが、実際にはデノミが行われる前から紙幣不足でした。

実際に現金は流通しておらず大抵の店がカード払い、もしくは口座送金での支払いです。

デノミ後に首都のカラカスに旅行した感想としては首都では現金は特に不足しておらず、私が住む地方都市では現金を入手する事が難しい状況でした。

バスなど現金払いでなければ受け付けてくれない場所もあり、どうしても現金が欲しい場合は6倍のお金を口座送金で支払い業者から購入します。

当初は銀行の窓口で100ボリバル、ATMで10ボリバルが引き出し上限だったので、銀行の窓口まで数時間の列、ATMでも2時間以上待っている人が多数いました。

しかし現状は引き出し上限も上がり安易に現金が手に入る様になってきました。

また一部の噂では今まで現金を大量に購入していたコロンビアの国境の街でボリバルの需要が減った事により、現金が地方都市でも手に入る様になったと言われています。

 

デノミ前との変化点

給料が上がった事により人件費が払えず多くの店舗が閉店しました。

そして閉店しなかったお店ではインフレが加速してここ1ヶ月で値段が3〜4倍になりました。

それでも給料が59倍になったので何とか生きていく事は可能ですが少しも楽観的なニュースはありません。

ベネズエラが発行する仮想通貨のペトロも実装され、役所の支払いがペトロで表記されたり各種銀行で手続きをすれば購入できる仕組みが整ってきました。

ただ実際にはペトロでなければ支払えない訳ではなく1ペトロ=3,800ボリバルの支払いになるだけなので、今のところ価格の表記がペトロになっているだけです

 

ベネズエラが抱える爆弾

先ほどボリバルの下落は落ち着いていると言いましたが、実はそれには1つの大きな理由があります。

デノミが実施されてからボリバルはデノミ前同様に下落を続けていました。
しかしベネズエラ政府がある強硬手段をとったのです。

それは「IPアドレスによる国外から国内バンクへのアクセス禁止」というなんとも窮屈な施策でした。

これにより国外にいる富裕層や経営者がベネズエラの銀行に送金されるボリバルを換金できず、ボリバルの価値の下落は一時的に落ち着き1ドル110〜120ボリバル前後を行き来している状態が1ヶ月で近く続きました。

ただしこのボリバル下落の施策もVPNを使いIPアドレスの場所をベネズエラにすれば突破されてしまうので、それに気付かれるのも時間の問題だと思われます。

そしてここ1週間またボリバルの下落が加速して、1ドル120ボリバルが140ボリバルまで下がりました。

今まで無理やり押さえ付けてボリバルの下落を抑制していたのがついにたがが外れたのでしょうか。

このペースでいけば今月中に1ドル300(デノミ前で3000万)ボリバルも現実的な数字かもしれません。

 

まとめ

デノミ後に政府が締め付けを行いボリバル安になっていませんでした。

しかし無理のある締め付けだった為に、そのツケである爆弾が今にも破裂しそうになっています。

デノミによりボリバル安を食い止め、ベネズエラでの主流通貨をペトロにしたかった打算は丸見えですが余りにも現実離れな計画でした。

それによりデノミの効果はほぼない状態でペトロという仮想通貨を発行するタイミングになってしまいました。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で