ベネズエラにまたまた入国拒否される

ベネズエラにまたまた入国拒否される

ボゴタ、メデジンとコロンビアを満喫したが、彼女の大学が始まるのでベネズエラを目指した。

ベネズエラでは自国の通貨であるボリバルが数ヶ月前に比べて1/3になっているらしい、それに伴い物価も上昇しており市民の不満は溜まっていく一方だ。

陸路での入国のため、国境の街ククタに向かう。

メデジンからは約15時間バスに乗りククタの街に到着する。

荷物も多いのでタクシーに乗り込みイミグレーションのある国境まで行く。

タクシーの中でベネズエラに本当に入国できるのか不安になっていた。

なぜならベネズエラという国は人によってルールが違うからだ。

昨年末に一度ベネズエラ入国を試した時はイミグレスタッフこう言われた。

 

イミグレスタッフ
来年の1月1日になったら入れるよ

 

ベネズエラの滞在日数に関してyahoo知恵袋では最初の入国日から365日と書かれていたが、ベネズエラのイミグレ職員は「ビザの年計算は1月1日から12月31日まで」と言っていた。

 

BAN
でもこの考え方もきっと人によって異なるんだろうな

 

国境で降りてコロンビアペソからベネズエラの通貨ボリバルに両替する。

あと数日で最大額面の100紙幣が使えなくなると噂が流れていたので、全て50紙幣に両替してもらう。

バックパックはボリバル紙幣でいっぱいになった。

コロンビア側のイミグレーションで出国スタンプをもらい橋を渡る。

そしてベネズエラのイミグレーションへ。

いくつか質問があったので事前に彼女に確認してくれと伝えた所、イミグレスタッフに鬼の様に質問を始める彼女。

スタンプもらってからにしろという私の制止も無視して質問を続ける彼女。

イミグレスタッフも質問に答えながら私のパスポートをいつも以上にチェックする。

そしてある事に気付き上司に確認。

この上司が厄介だった。

 

イミグレ上司
えーと、君は去年130日ベネズエラで過ごしてるから今年は入国出来ないよ
BAN
いや、前に来た時は来年になったら入国出来るって言われたんだけど
イミグレ上司
いやいや、無理だね。というか90日が最大なのに130日も過ごしてるからペナルティで来年も入れないよ
BAN
前回の滞在時に日本大使館に確認して問題ないって言われてるよ
イミグレ上司
今から大使館に尋ねても良いけど無意味だよ
BAN
前にメリダのSAIME(イミグレ)行ったら延長スタンプ必要ないって言われたんだけど
イミグレ上司
メリダのSAIME(イミグレ)は関係ないよ。ってかここの方が力(決定権)あるし
BAN
力の問題?
BAN
ダメだこいつアホ過ぎて話にならない

 

どれだけ説明しても、らちが開きそうもないので一度ククタのホテルに行く事にした。

幸い1日の猶予はある。

戻る途中コロンビアの警察に呼び止められる。

 

コロンビア警察
何でベネズエラの出国スタンプがないんだ?
BAN
入国出来なかったからだよ
コロンビア警察
それを証明するものはあるか?
BAN
ないよ
コロンビア警察
今回は特別に良しとするが、次はちゃんと証明するものを持ってこいよ

 

証明するものって何だ。

イミグレーションのスタッフはほぼ日替わり勤務なのできっと明日は別のスタッフが居て別のスタッフなら理解してくれるだろう。

もし別のスタッフも理解してくれなかったら旅を続けよう。そんな風に考えていた。

ただ彼女が予想以上に悲しい顔をするものだから『もし明日入国出来なかったら、日本に帰って結婚に必要な書類を用意して旅を続けるよ』と半分本気、半分気休めの言葉を投げかけた。

それでも彼女は泣き止まない。

彼女に両替したボリバルを渡すがまだ泣き止まない。

「私が欲しいのはお金じゃない!」

念の為にとドルも渡すがまだ泣き止まない。

「このドル全部あげるから付いて来て!!」

フリーザのコスプレ衣装や旅に不要な小物も渡す。

するとさっきまで悲しんでいたのが嘘の様に「あ、これ欲しかったやつだ!」と言ってある物を使い始めた。

 

フェイスペイント
フェイスペイント。

彼女は時々おもちゃ屋でフェイスペイントを見ていた。

何度か『買おうか?』と尋ねたが「高過ぎるからいいや」と言っていた。

本当は欲しかったのだろう。

私も荷物の中にフェイスペイントが入っている事を知らなかった。

そうこうしているうちにククタの夜は更けていった。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で