ベネズエラでドイツ人が作ったソーセージをイタリア人がホットドックにする

ベネズエラでドイツ人が作ったソーセージをイタリア人がホットドックにする

BAN(@banlife19)です。

昔井の頭公園の近くでドイツ人が作ったソーセージを食べたことがあります。

そしてその美味さに感動してしばらく週1ペースで通っていました。

ドイツ人が作るソーセージの美味さは異常です。

ドイツ人の肉屋

友人がドイツ人の経営している肉屋を紹介してくれた。

その店は山の中にあり、存在を知らなければ見つけることは困難だろう。

看板も何も出ていない店構え、穴場中の穴場っぽい。

店内にはソーセージ以外にも様々な肉が販売されていた。

鳥、豚、牛。そしてハムとチーズ、各種ソースまで取り揃えられている。

そしてソーセージの種類も豊富だ。

肌色のソーセージ、濃い色のソーセージ、白いソーセージ、血を混ぜて作られた黒いソーセージ。

全て自家製だという。

 

ホットドックパーティーへの誘い

ソーセージを購入して店を出ると友人にホットドックパーティーに誘われた。

帰り道パンを買いに近くのモールに立ち寄る。

車から降りるとそこには何とも形容し難い絶景が広がっていた。

 

ベネズエラの日常風景

ベネズエラの絶景

標高1600メートルの街ではこんな景色が普段から観れるのか。

 

ホットドックの作り方

ホットドックのパン
まずはパンを適当な大きさに切る。

 

ドイツ人のソーセージ
そしてボイルした後のソーセージを焼く。

 

ホットドック完成間近
パンにソースを塗り、ソーセージとポテトを乗せる。

 

パンにソース
お好みでスパイシーソースもどうぞ。

 

ホットなドッグ
完成。

美味。すごい美味。

ソーセージも美味いんだけどパンも美味い。

美味すぎて3個食べた。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で