ベネズエラで平均月収1ヶ月分のアコースティックギターを買う

ベネズエラで平均月収1ヶ月分のアコースティックギターを買う

BAN(@banlife19)です。

二十歳前後でギターに挑戦したことがあります。

ただその頃はyoutubeもなければ、ネット上に無料の楽譜も落ちていませんでした。

本屋で楽譜を買い、週1でギター教室に通っていましたが1ヶ月ほどで挫折。

ベネズエラの楽器屋

ベネズエラのクワトロ
ベネズエラには「クワトロ」という楽器がある。

4弦の楽器だからクワトロ(スペイン語で4という意味)。

沖縄にも「三線」という3弦の楽器があるが、世界共通で楽器職人は直接的な名前を好むのだろうか。

 

ベネズエラのギター

ベネズエラのショーケースギター
ガラスケースに入った高級っぽいギター。

なんと300,000ボリバル(約10,000円)。

ベネズエラではかなり高いが、日本からしたら安価なギターだ。

 

ベネズエラの外ギター
そして外に飾られているギター。

なんと60,000ボリバル(約2,000円)と破格。

これは買わない手はない。

ということで、彼女にギターを買ってもらう事にした。

 

ギターの腕前

二十歳の頃に1ヶ月ほどギター教室に通ったが今ではすっかり忘れ去ってしまった。

つまりほぼ初心者だ。

完璧に勢いで買ってもらった。

いつかギターが弾けるようになったらラブソングを作ろう。

曲名は「ギターをおねだり」

サビの部分の歌詞はもう決まっている。

「I want the guitar」これを3回繰り返す。

 

ギターの候補

ベネズエラ赤ギター
候補1

エキゾチックで素敵だ。

しかしエキゾチック(異国的)という意味を紐解けば、ここはベネズエラだから日本からしてみたら当然エキゾチックだ。

赤と白というコントラストがいい。

安っぽそうな配色だが実際安いのでありだろう。

 

ベネズエラ普通ギター
候補2

いかにもいかにもなアコギ。

木目を全面に押し出している。

これで弾き語りしている姿が簡単にイメージ出来る。

二十歳の頃に買ったのはエレキギターだったのでアコギは人生で初だ。

 

ベネズエラ緑ギター
候補3

目に優しそうな深緑。

彼女イチオシのカラーだが気乗りがしない。

でも買ってもらうから何となく彼女の希望に添いたい。

エキゾチック以上にエキゾチックな配色だ。

20分ほど悩み、候補2のベーシックカラーなアコースティックギターにした。

ベネズエラではバスの中でも弾き語りをしている人をあまり見かけないがいつか弾ける様になったらバスキングに挑戦しよう。

ギターケースは種類があまりなく1,000円もした。

ギターが約2,000円なのにケースは約1,000円で、合わせて約3,000円。

ベネズエラ人の平均月収だ。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で