ベネズエラ料理なのかイタリア料理なのかとにかく食を満喫する

ベネズエラ料理なのかイタリア料理なのかとにかく食を満喫する

ピザ

約半年ぶりのベネズエラ。

まずは食を堪能しよう。

前回、前々回の滞在でどこのお店がイマイチで、どこのお店が美味しいか把握している。

 

ベネズエラピザ
メリダで好きなピザ屋ベスト3に入るブランディというお店のピザ。

4種のチーズとマッシュルームベーコンのハーフ&ハーフを頼む。

ベネズエラではファミリーサイズのピザが300円ほどで楽しめる。

日本に比べて海外の方がピザが圧倒的に安いが中でもベネズエラは別格だ。

更にベネズエラにはイタリア系の移民も多く住んでいるので、イタリアで修行してきた料理人のお店も多い。

このお店はどうなのか知らないがとにかくピザが美味い。

カチャパ

先日お金を借してくれた友人を誘いベネズエラ名物カチャパを食べに行く。

カチャパはベネズエラ料理として有名なので至る所で食べることができる。

しかし私がカチャパを食べる店は常に決まっている。

 

カチャパ友人誕生日
マイ・カチャパという山の上にあるカチャパ専門店だ。

大きな鉄板で複数枚同時に焼く。

チーズやハムがしっかりと主張してくるが外側のトウモロコシの生地が厚くお互いがお互いの味を引き出している。

その日は友人の誕生日だったので誕生日ケーキならぬ、誕生日カチャパでお祝いだ。

友人も何度かカチャパを食べたことがあると言っていたが、この店は別格だと言っていた。

チキン

コロンビアではチキンにハチミツをかけて食べる習慣がある。

最初は抵抗があったが一度その味を覚えてしまうと無性に食べたくなる時がある。

ベネズエラではチキンにハチミツの習慣がないのでわざわざハチミツを調達してきた。

 

100%で100円のハチミツ
純度100%のハチミツだがお値段驚きの100円。

インフレによりベネズエラの通貨価値は3分の1になったが、外貨が基準の私からしてみたらインフレどころかデフレが起きている。

 

おでこにシール
ハチミツの値札を彼女のおでこに貼って遊ぶ。

 

ケニア
100円は安すぎる。
BAN
そこなの?

 

おでこにシールを貼られたことよりも値段が気に入らなかったらしい。

 

ハチミツチキン
チキンにハチミツをかけて食べる。

美味いことは美味いんだけど、ハチミツが味を主張し過ぎてチキンとのバランスが悪い。

そしてチキンをよく見るとまだ血が滴り落ちている。

 

ケニア
このチキン火が通ってないみたいなんだけど。
店員
あ、大丈夫。

 

そういってチキンを回収したと思ったら再度揚げ直した。

今度は火が通り過ぎている。

しかしチキンとハチミツは最強の組み合わせだと思う。

パスティーチョ

世界的にはラザニアと呼ぶのだろうが、なぜかベネズエラではラザニアの事をパスティーチョと呼ぶ。

元々は彼女にパスタが美味いと連れてこられた店だが、多くの客がパスティーチョを食べているのを見てそれを頼んでみたらパスタよりも圧倒的に美味しかったのでそれ以来ここの店ではパスティーチョしか頼まなくなった。

 

パスティーチョ
ガイタノのパスティーチョ。

圧倒的なチーズの量とトマトソースのバランスがたまらない。

少し遅い時間に行くと柔らか過ぎたりするが、早い時間に行けば間違いなく美味しいパスティーチョを食べられる。

 

パスティーチョとドリンクとケニア
ベネズエラではファンタは売っておらず、このHITというドリンクがファンタっぽい立ち位置だ。

通常の観光ビザでは90日だがビザを延長すれば最大180日ベネズエラに滞在することができる。

先のことはまだ分からないが一先ず飽きるまでベネズエラでのんびりしよう。

そう思っていた矢先、事件が起きた。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で