ベネズエラの出国スタンプ

ベネズエラの出国スタンプ

朝起きていつもの様にモーニングメールを送る。

彼女からの返信は無い。

10時を過ぎても返信が無い。

 

BAN
あ、これ寝坊したな

 

そう思いながら彼女からの連絡を待つ。

南米に来て待たされる事に対しての沸点は低くなった。

もし日本にいる時に同じ事されたらブチ切れていただろう。

そうこうしていると12時頃になってやっと連絡が来た。

 

ケニア
おはよう。
BAN
寝坊した?
ケニア
うん、昨日寝たの遅かったから。でも準備はしてあるから大丈夫。
BAN
じゃあ早くバスに乗りなさい。
ケニア
あ、そういえば今日は国境開いてるらしいよ。
BAN
え、なにそんなに落ち着いてるの?さっさとバスに飛び乗れ!
ケニア
でもまだ朝ご飯食べてないんだよね。
BAN
いやいやいや、朝ご飯よりも国境超える方が優先順位高いでしょ!

 

会いたいと言いながら実際は行動していない感じがプンプンする。

少し彼女に失望しつつも早くバスに乗るようにメッセージを送り続ける。

 

BAN
これさ、結局今日中に国境たどり着かなくて、明日になったらまた国境封鎖されてるとかあるんじゃない?
ケニア
いや、実はすでに国境まで30分くらいなんだけどね。

 

今までのやり取りは嘘で本当はすでにバスに乗り国境に向かっていた。

しかし久々の国境開放とあって多くの人がイミグレーションに殺到している。

列の長さは5ストリートに渡っていた。

「熱くて死にそう」「めっちゃ暇」「鞄重い」と愚痴メールが延々と送られてくる。

 

しかしコロンビアの入国スタンプさえもらえればメデジンでクリスマスも年越しも迎える事が出来る。

ククタよりも選択肢が多くより楽しいものになるだろう。

そんな事を思いながら愚痴メールに『もうちょっとの辛抱だよ』と優しく励ます。

数時間後、彼女から「出国スタンプもらえた」というメッセージを最後に連絡が途絶えた。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で