日本と海外のバレンタインは何が違うのか?ベネズエラのバレンタインデー

日本と海外のバレンタインは何が違うのか?ベネズエラのバレンタインデー

バレンタインデーとホワイトデー

ベネズエラでもバレンタインデーの習慣がある。

花やチョコレート、クッキー、ケーキ等を男女問わず親しい人に贈る。

ホワイトデーの習慣は無い。

調べてみるとホワイトデーを言い出したのは日本でアジアの一部地域にしか浸透していなかった。

バレンタインデー批判

街を歩いていると花束を持っている男性をチラホラ見かける。

ベネズエラでは男性から積極的にプレゼントを贈る風習なのだろうか。

 

BAN
花束欲しい?

ケニア
ううん、いらない。っていうかなんでみんなバレンタインデーで浮かれてるんだろうね。

BAN
バレンタインデーだからじゃない?

ケニア
でもプレゼントなんていつでも贈れるじゃん。

BAN
まぁそうだね。

ケニア
アナタみたいにね♡

BAN
俺も基本記念日にしかプレゼントしてない・・・これは遠回しに催促か?
ケニア
バレンタインってだけでプレゼントを贈る方もバカだし、もらって喜ぶのもバカだわ。

BAN
そっか、じゃあ君は何もいらないんだね。

ケニア
うん、でも今甘いものが食べたい気分だよ♡

BAN
はい、ケーキでも食べましょうか。

ケニア
そうですね!

 

見事に誘導された。

バレンタインプレゼント

バレンタインケーキ
バレンタインという事でホールケーキを購入。

お値段は500円程度。

日本では一切れの値段でベネズエラではホールケーキが買えてしまう。

 

バレンタインケーキ待て
ケーキを前にしばらく写真を撮っていると彼女の顔が「待てをしている犬」の様にうな垂れる。

 

ケニア
あのー、食べませんか?

 

そして食べ始めるが案の定二人では食べきる事ができず、食べかけだけど彼女の寮のみんなおすそ分けをする。

バレンタインプレゼント第二弾と彼女からのプレゼント

帰り道本屋に寄って一冊の本を購入する。

 

バレンタイン本
私が本を好きになるきっかけを与えてくれたデル・カーネギーの「人を動かす」スペイン語版だ。

人生において大事な気付きがいくつも書かれていたので彼女にもプレゼントした。

物価の安いベネズエラでも本の値段は400円した。

彼女から「高くない?」と聞かれたがこの本は余裕で400円以上の価値がある。

こうしてバレンタインという事でケーキと本のプレゼントを贈る。

そして彼女からもバレンタインプレゼントを貰った。

 

バレンタインチョコ
彼女からのプレゼント。

義理チョコレベルの小ささ。

25g。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で