ベネズエラ人の彼女とコロンビア小旅行

ベネズエラ人の彼女とコロンビア小旅行

ベネズエラはビザ無しで90日間滞在出来る。

ただすでにもうその期限も終わりそうだ、最後は彼女と一緒にコロンビアに行こうと決めていた。

その理由としては一緒に旅行をしたい気持ちが7割、ベネズエラは深刻な物不足で彼女に生活用品を渡したい気持ち3割。

私が滞在していたメリダという都市からコロンビア側の国境の街ククタは車で数時間の距離なのに二つの国の物資の量が違いすぎる。

ベネズエラ人曰く「ベネズエラ人はククタならパスポートのスタンプいらないよ」と言っていたが、私の考えでは国を移動するのにスタンプを押さないなんて嘘だ!きっと彼らはバレるバレないのレベルの話をしているのだろうと思い込んでいたので念のためコロンビアの領事館?に直接行き聞いてみるとベネズエラ人はネット上にある紙を記入するだけでコロンビア(ククタ)に行けるらしい。

そして実際に国境に行った際、私は当然ベネズエラの出国スタンプ、コロンビアの入国スタンプを押されたがベネズエラ人の彼女は両方ともスルーで通り抜けが出来た。

なんならベネズエラ人専用通路があった。

 

ベネズエラとコロンビアの国境
ベネズエラとコロンビアの国境の橋の上。

多くのベネズエラ人が物資を求めてコロンビアに行き、大量の荷物と共にベネズエラに戻っている。

ベネズエラの出国スタンプを貰わずにコロンビアの入国スタンプをもらおうとして断られた。

その結果、橋を1往復半して汗だくになって彼女を40分くらい1人で待たせてしまった。

でも結局無事に合流出来、遂に来ました。

 

ジョラブククタ
ジョ ラブ ククター(YO=I)!

いや、別に愛してないんすけどね。

そんな事より驚いたのが、彼女をスーパーに連れて行ったときの事。

 

 

 

ケニア
ウソォオオオオ!信じられない!なんでこんなに物があるのおおお!

BAN
いや、普通でしょ

ケニア
だってほら見て!歯磨き粉が5種類もあるのよおおおおおおお!!

BAN
あ、うん

ケニア
なんてこと!信じられない!本当信じられない!

BAN
テンション上がり過ぎだから

ケニア
この石鹸とか子供の頃見た記憶あるけど、ここ数十年見た事ないのおおおおおおお

BAN
そうなんだ

ケニア
なに、どうした?どうしてこんなにも物が溢れているのよおおおおお!

BAN
いや、ベネズエラが無さ過ぎだから。逆逆

ケニア
あ、そっか

 

以前の余りのコロンビアペソを渡し「好きな物買って良いよ」と伝える。

予算は9万ペソ(約3,000円)

 

石鹸を本気で悩む
石鹸をガチで吟味しだす彼女。

 

ケニア
こっちの方が安いけど、こっちの方が多いから…

BAN
好きなやつ買ったら?

ケニア
ううん、ダメ。無駄遣いダメ

BAN
何を買うつもりなの?

ケニア
石鹸でしょ、シャンプー、デオドラントスプレー、ナプキン

BAN
多分値段気にしなくても全部買えるよ

 

※国境のルールで1種類4個までしか買えないルールがあるらしい。そして彼女のバックは小さい。

 

ケニア
そっか。あ、でもあとアレも

BAN
何?

ケニア
ラーメン!

 

コロンビアには【アジノメン】という味の素が作っているインスタントラーメンがある。

以前コロンビア土産でいくつか持っていった事があったが、ベネズエラのメリダでは残念ながら販売していない。

 

ケニア
うっひょおおおおおおお!なんこれーーーーーーーー!

BAN
次はどうしたの?

ケニア
紙があるうううう!信じられない!しかも大量にいいいいいい!!!

BAN
ベネズエラもあるじゃん

ケニア
ううん、ベネズエラはこのロールタイプのトイレットペーパーは貴重なんだよ!

 

そう言われればトイレットペーパーは見かけていない。
南米に入ってからというものキッチンペーパーでお尻を吹いていたのでトイレットペーパーなど眼中になかった。

ケニア
ちょっと写真撮って!友達に自慢するから!!

 

パシャ

 

 

 

トイレットペーパーで歓喜
満面の笑み。

 

BAN
うーん、喜び過ぎて顔ブサイクだよ

ケニア
え、嘘

BAN
もうちょっと控えめに笑ってごらん

 

パシャ

 

 

 

トイレットペーパーと笑顔
控えめな笑み。

なんでこんなにも写真慣れしていないのだろう。という私も写真慣れしていないから笑顔が出来ない。

 

 

 

オレンジにびっくり
後半はテンション上がり過ぎてオレンジですらテンション爆上げになっていた。

流石にオレンジはベネズエラでも売っている。

しかし彼女曰く、このオレンジはベネズエラではめったに売っていないオレンジらしい。

知らんがな!

 

結局ラーメンは売っていなかったのでそれ以外の必需品を買ってスーパーを後にした。

そしてモールに行き夕食を食べる事に。

モールを一通り見て回ったがフードコート以外食べる場所がなかったのでフードコートで彼女に好きな料理を選んでもらう。

彼女はコロンビア料理を選んだ。

そして肉料理をオーダーした後にある物が渡される。

 

呼び出しベル1
順番来ると音が鳴って知らせてくれるヤツ。

彼女は生まれて初めてコレを見たらしくここでもテンションがあがり写真のおねだり。

そこまで実用的じゃないからこれはそこそこのテンション。

 

が、しかし・・・

 

 

 

呼び出しベル2
順番が来て実際に光出したら嬉しくなってしまったらしい。

大した物じゃないのに持つ手も何故か慎重だ。

家宝か?それはお前の家の家宝なのか?

 

バーベキュー
肉料理。コロンビア料理らしいが普通にバーベキューソースがかかったスペアリブだった。

普通に美味い。

値段はベネズエラより圧倒的に高いけど、ベネズエラより料理や素材の質が高い。

特に野菜はかなり違う様に感じた。

 

豚肉
彼女のは健康的な野菜ソースに柔らか豚肉。あんまり美味しくない。

食後は【Don’t Breathe】というホラースリラー映画を見に行く。

スペイン語で字幕一切なしだが、本編のほとんどが会話無しの映画だったのでストーリーは大体理解する事が出来た。

 

コロンビアの映画館
やっぱり映画館もベネズエラより大きいし綺麗。

彼女はコロンビアに感動しっぱなしで、私もコロンビアとベネズエラの物量の差を感じた。

それは約3ヶ月どっぷりベネズエラで生活した事と、彼女の反応の大きさから分かった事だろう。

隣国であっても国が違うだけで状況も文化も大きく変わってくる。



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で