ベネズエラにあるしょぼい動物園とイカしたディスコ

ベネズエラにあるしょぼい動物園とイカしたディスコ

ジェシカから遊びの誘いがあった。

『何時から?』と聞くと、「11」と簡潔な返事が返って来る。

しかし先日ドタキャンをくらっているので半信半疑で待ってみた。

翌日、時刻は11時半。
やはり来ない、そしてホテルは停電になり連絡の手段を失った。

仕方が無いので近くのWi-Fiがあるカフェに移動し、
コーヒーを飲んだりラザニア(約2ドル)を食べたり変なフレッシュジュースを飲んで時間を潰す。

すると1時頃にジェシカから「今ホテルに居る?」とメッセージが来た。
『今は近くのカフェにいるよ』と返事を書く。
その後何の連絡も無いので『君は今どこにいるの?』とメッセージを送るが既読にすらならない。

さっきのメッセージの意味が理解出来ず変なフレッシュジュースを飲んでいるとカフェにルイスとジェシカが来た。
ルイスは『お前1時に約束してたのに何でホテルにいないんだよ』みたいな事を言って来たので、
『ジェシカから送られて来たメッセージが【11】ってなってたんだよ』と証拠を見せながら説明すると納得される。

 

ルイスとジェシカ
ルイスが「今日は動物園に行こう」と提案して来た。
特に断る理由も無いので3人で動物園に行くことに。

 

ベネズエラの動物園
動物園まではバスで移動。ローカルバスは30ボリバル(3セント)
動物園では日本でお目に書かれない動物が居たり上の方に行くと滝が見えたり。
それでも1時間くらいで全て見終わる。

 

ベネズエラの鳥
動物園を出た所で旅行会社のおじさんに「明日メリダツアーあるけどどうだね?」と声をかけられ
ルイスが値段交渉してくれて2,500ボリバルで行ける事になったが流石に一人で行く勇気はない。

『ルイスが行くなら行くよ』と答えると「いいよ、一緒に行くよ」と言ってくれた。
ジェシカは「明日は大学の授業があるから行けない。めっちゃ残念やわぁ」と少し悔しがっていた。

 

フェリー
街に戻った後はフェリー?的な乗り物に乗り山を下る。
写真を数枚撮った後戻ろうとすると、「その切符じゃ戻る事は出来ないよ」と係の人にいわれる。
下の窓口でもフェリーのみの乗車券は売ってないらしくルイスとジェシカがどうしようかと相談していると、さっきの係の人が「まぁいいや、行きな行きな」とジェスチャー。
優しい世界だ。

その後お菓子を買い、スヘと待ち合わせをしていたBARに。
まずはビールで乾杯。ベネズエラのビールも日本のビールと同じで苦い。
ビールを飲みながら『ビール苦手なんだよ』って話をしたら、「日本では何を飲んでたの?」と聞かれたので、『カクテルとか』と答えるとドリンクメニューを頼んでくれる。
結局そのお店で4時間近く飲みまくり。10時近くになっていた。
『踊りてぇな』というと「じゃあ今夜はパーリーナイにしよう」とスヘが提案。
完璧に金魚の糞状態でみんなと一緒に中心部から少し離れたBARっぽいディスコに移動。

 

酒盛り
現地価格にしては少しお高めの7,000ボリバル(7ドル)でラムセットを頼む。
ラムとコーラとライムと氷がセットでこの価格。
小腹が空いたので『食べ物無いの?』と尋ねると「ハンバーガーしかない」といわれる。
ハンバーガーの気分ではなかったので丁寧にお断りした。

少し飲んだ後はジェシカにサルサを教えてもらう。
多分超初歩のステップで左足を前に出し戻して、右足を下げて戻しての繰り返しだ。
それに上半身をつけるとあら不思議なんか踊ってる様な気になってしまう。
サルサ楽しい。

結局朝の2時頃まで飲みホテルに帰宅。
3人とも連れ帰ると入り口で止められたが、1,000ボリバル(1ドル)の裏金を渡してこっそり入れてもらう。
そして速攻ベットに倒れ込む私とスヘ。
日本では酔うと頭痛がしていたが、最近は楽しく酔える様になった。
これは大人の階段を登ったからだろうか?



ブログランキングに参加してます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
応援のワンクリックお願いします。


See you again.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で